2017年04月22日

沖縄ローカル料理の「ちゃんぽん」とは何か?:三笠 久米店(那覇 県庁前)


mikasa17cha0.jpg
ちゃんぽん 600円

【地図】

うちなーんちゅが通う、24時間営業の定食屋があった。
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

はいさーい。那覇に泊まりました。この辺に地元民が通うような食堂がないか、ゲストハウスのスタッフに聞いたら、三笠なる24時間の定食屋があるそうな。さっそくやってきました。

mikasa17cha1.jpg
いいねぇ、歴史を感じさせる佇まい。一般庶民が普段使いしてる食堂を食べ歩きしたいんだよ。

mikasa17cha2.jpg
うちなーぐち(沖縄の方言)でよく聞く、「がちまやー」とは食いしん坊を意味するそうな。僕のブログでよく出てくる「ガチ盛」とは、新たにつくられた高額のデカ盛ではなく、大食いの庶民向けのガチ(真剣)な大盛のことです。

mikasa17cha3.jpg
ショーケースがまさに昭和。むむむッ!三笠ランチのボリウムがおかしなことになってるぞッ!見ないふり、見ないふり。こんなの食べたら、今日一日何も食べられなくなってしまう。笑。今回のお目当ては左上のやつ。

mikasa17cha5.jpg
店内はリアル昭和。おばちゃんというより、おばあに近い世代の店員さんたちが切り盛りしています。

mikasa17cha4.jpg
なんじゃ、こりゃ〜!!

券売機を見て、面食らう。番号しか書いてないやん。笑。どうやって券を買うかというと、まずおばちゃんに食べたいメニュー名を告げると「14番買って〜」と教えてくれる。世界にひとつだけの、券売機だけでは券が買えないアナログな券売機。あ、常連になったら一人でポチれるか。

mikasa17cha6.jpg
今回のオーダーは沖縄のローカルグルメ、ちゃんぽん。どこにも麺がみあたらないって。

mikasa17cha7.jpg
いや、これがちゃんぽんさ〜。沖縄のちゃんぽんはゴハン物なんです。

mikasa17cha0.jpg
店によって、ちやんぽんの味はそれぞれだとか。三笠のちゃんぽんは、ごはんの上にダシで味付けられた玉子とじが載せられています。具材は挽肉と玉ねぎ、ネギなど。

mikasa17cha8.jpg
内地で言うところの、他人丼のミンチ版をイメージするといいかな。しっかり火が通ってダシを吸った細切れの玉ねぎの甘さがいい感じさー。プレートにたっぷりゴハンが盛られていて、標準でも充分すぎる大盛。デフォルトでがちまやー仕様になっている。うちなーんちゅは僕と同じで大食いなのか。なんだかとても好感の持てる、おばちゃんのガチ盛食堂でした。


■三笠 久米店
沖縄県那覇市久米1-15-3
098-862-8981
営業時間 24時間営業
+

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:那覇
posted by ニシヒロシ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング