2017年04月15日

たまご巻(焼きそば):マック(博多区銀天町)


macTmgy1.jpg
たまご巻(焼きそば) 480円

【地図】

人気の焼きそばの別バージョン

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

mac1612set1.jpg
かつてダイエーグルメシティ(現マックスバリュ雑餉隈店)の中にあった軽食屋を覚えている人はいるだろうか。グルメシティにはマックという名のたこ焼&焼きそば&回転焼の店があったが、現在は駅に続くストリートに移転していた。大将と女将さんはすっかりご高齢だが、この日も元気に店にたっていた。看板の老舗の文字に偽りなし。

mac17ykud1.jpg
昭和そのままの雰囲気の店の床は油でベトベト。この日は先客2名、後客3名。見た目によらず、いつ来てもローカル客が途切れない現役の隠れ繁盛店なのだ。


■過去記事
http://katamen.seesaa.net/article/444948844.html
マックセット たこ焼、焼きそば、昭和の軽食店の香り:マック(博多区銀天町)

http://katamen.seesaa.net/article/446190313.html
昭和の香り漂う焼きそば、しかも大盛:マック(博多区銀天町)

http://katamen.seesaa.net/article/446903815.html
日本よ、これが焼きうどんだッ!しかも大盛:マック(博多区銀天町)

http://katamen.seesaa.net/article/448780429.html
具だくさんの焼きそばが400円:マック(博多区銀天町)

短い期間に何度もリピっている。

mac1612set2.jpg
メニュー。

mac1612set0.jpg
ちなみにマックセットの全容。お好みとたこ焼は果てしなくコナコナしい福岡仕様。

mac17Yakb1.jpg
焼きそば(大盛)は山のようなボリウム。

mac17ykud3.jpg
こちらは、焼きうどん(大盛)。

macTmgy1.jpg
今回はたまご巻と書かれたメニューをオーダー。たまご巻とは玉子巻焼きそば、関西でいうところのオムソバというやつだ。固めに焼かれた玉子が昭和の世界へ誘う。

smacNsoba2.jpg
中身は焼きそばと一緒なので画像使いまわし。ニッチリとした固形感のある麺が焼きそばの特徴。スーパーの麺ではこの食感は絶対に出せない。想像以上にたくさんの豚バラが入っていて、しっかり焼いているので豚の脂がガツっと出ています。そこにベタっとしたソース。かけすぎなのではという味の濃さに、脂のベタが重なり、漢の焼きそばになっています。野菜が多めに入っているので油っこさを少し中和している。

油っこくて味が濃いので途中で飽きるかと思ったが、麺の食感のよさと、野菜の多さ、途中でつまむ紅しょうがに助けられて、サクサクっと完食できた。舌で味わうというより、胃袋で味わうボリューミー系グルメ。

いつまでも あると思うな 親と名店


■マック
福岡市博多区銀天町3-5-5
092-501-8363

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:福岡市
posted by ニシヒロシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 定食・食堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449018509

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング