2017年03月30日

超新星ながら福岡No.1ビッフュ候補ッ!!盛・盛りランチ:おかず家・里の桜(雑餉隈)


satonosakura173b0.jpg
盛・盛りランチ 880円

【地図】

鯖の味噌煮は福岡食の文化遺産に認定します。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

sato173saku1.jpg
過去に何度もブログに登場している、ごはん家・里の桜の前を通りかかると、ナンとッ!閉店しているじゃありませんか。この店は雑餉隈で一番ウマい店と個人的に思う。

■ごはん家・里の桜の過去記事
http://katamen.seesaa.net/article/431448664.html
豚肉のピリカラ鉄板焼:ごはん家・里の桜(雑餉隈)

http://katamen.seesaa.net/article/251209348.html
ごはん家・里の桜(雑餉隈):牛鉄板

http://katamen.seesaa.net/article/164875143.html
ごはん家・里の桜(雑餉隈):豚汁定食

sato173saku2.jpg
張り紙を見ると、4/3に正式オープンとなっています。まだ改装中ですが、お店は開いている日もあります。

satonosakura173b1.jpg
前回訪れた時より改装が進んでいて、店内の配置が変えられていました。銀天町のとり銀に近いほうの入口あたりに移転しています。こんな書き方しても地元民にしか分からんて。笑

sato173saku4.jpg
お弁当だけかとおもったら、お食事もできる。ランチは880円のワンプレート盛り放題と500円ランチ(3品)。前回は500円ランチを食べている。今回は盛・盛りランチ(880円)を福岡最速でレポートしちゃーたい。

■おかず家・里の桜の過去記事
http://katamen.seesaa.net/article/448380686.html
最速レポッ!鯖の味噌煮ウマしッ!:おかず家・里の桜(雑餉隈)

satonosakura173b3.jpg
入口を入ってすぐのところに、お惣菜が並べられています。盛・盛りランチは「ワンプレートに盛れるだけ、盛ってOK。ただし一回だけ」というルールです。

satonosakura173b2.jpg
煮込みハンバーグ、チキンカツ、メンチカツなど1個あたりの値段が表記してあるメニューのものは、お一人様1個までです。

satonosakura173b4.jpg
ご飯、味噌汁付。里の桜は九州産のコメがウマい。ピリ辛の辛子高菜もついてきます。

satonosakura173b0.jpg
盛れるのは一回きりのビュッフェではあるけど、かなり盛れます。チキンカツ、メンチカツ、しゃけ、卵焼き、唐揚げ、ブロッコリーのうま煮、大根と豚バラ煮込み、焼き鯖、鯖の味噌煮、なす豚。どれもうまいけど、なす豚は濃い味で旨味がしっかりして好み。卵焼きは昭和の時代に食べた九州の甘い味で我がツボ

satonosakura173b5.jpg
なんといってもイチオシは鯖の味噌煮。何度食べても思わずガッツポーズが出る。九州人が好きな味噌の味。トロっと柔らかい。味がシミシミでご飯のアテにピッタリ。焼き鯖もフツーにうまいんだけど、鯖の味噌煮を前にすると霞んでしまう。これは一人あたりの制限はないけど、取りすぎないように。笑。

satonosakura173b6.jpg
食後にはコーシー付き。

satonosakura173b7.jpg
メインの一品+好きなお惣菜を詰められるお弁当は450円。

コソリピしたいので、ホントはブログには載せたくないけど、雑餉隈の地域振興を祈願してあえての掲載。まだ店が改装中で配置換えがあったりと、新しい店員さんはオペレーションに慣れてないと思うので、本領発揮はこれからかと思います。

福岡にはたくさんのステキなビュッフェがあってわくわくするけど、880円クラスで味でこれだけ楽しませてくれるのは嬉しいかぎり。超新星ながら、すでに福岡ナンバー1ビュッフェと思う(ニシヒロシ調べ)。

いままで数々の逸品メニュー(狐狸庵のかつ丼(2004)たこやき太郎 (2005)レアレアのチキンカレー(2005)味処つくし(2012)サムソンKの伝説のカレー(2012))を足で稼いで探し出してきたけど、今回はそれに勝るとも劣らないメニューだと思う。

おかず家 里の桜定食・食堂 / 雑餉隈駅南福岡駅

昼総合点★★★★ 4.0




■おかず家・里の桜
福岡市博多区銀天町2丁目2−35
092-585-8902


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:福岡市
posted by ニシヒロシ at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビュッフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。