2017年03月16日

香港国際空港で食べる秘製海南鶏(シンガポール風チキンライス)


hkhainan1.jpg
秘製海南鶏 88HKD

シンガポール風チキンライスは、カオマンガイの親戚。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

hkhainan2.jpg
さっき香港経由で帰国しました。香港空港は世界のハブ空港だけあって、長時間過ごしても快適。荷物検査後に入るスペースが広大でフードコートも2箇所ある。国際線のフードコートにしょぼいラーメンとカツカレーしか置いてないどこかの地方空港とは雲泥の差だ。香港で最後に食べたのはコレ。

hkhainan3.jpg
秘製海南鶏。秘製と書かれるとどんなスペシャルなのか気になるではないかッ!

hkhainan1.jpg
オーダーしてすぐに呼ばれました。早っ。これが全容です。チキンはやはりカオマンガイ風。細切れパクチーが和えられて、どこか東南アジアン。

hkhainan4.jpg
タレは2つ付いてます。タイのカオマンガイはたまり醤油がベース。右端の黒いのはそれに雰囲気が近い。が、独特な味。醤油は地方で味が全然違うもんね。真ん中のはごま味噌的な、これまた独特な味。

hkhainan5.jpg
両方試して、黒い醤油メインで食べることに。ご飯もほんのり鶏汁で炊き込んであり、中華風味のセパレート版カオマンガイといったニュアンスの料理でした。個人的にはタイで食べるカオマンガイのほうが好きだ。(だってタイのは価格が1/8くらいだもの。やはり空港はどこも無駄に高いッ!)


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:香港
posted by ニシヒロシ at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448026576

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング