2016年04月05日

極旨醤油ラーメン:幸楽苑(バンコク)


kourakuen0.jpg
極旨醤油ラーメン 139B(約420円)

異国の幸楽苑で「極旨」の醤油スープに出会った。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

kourakuen1.jpg
ここはバンコクのエカマイ駅近くのゲートウェイ。日本食レストランが多数入っている商業施設だ。旅の終盤ともなれば、味噌や醤油味のものが食べたくなる。ふと目の前に幸楽苑があるではないか。福岡には店舗がないので馴染みが薄い店だが、昔は300円くらいの激安な中華そばを出すチェーンとして名を馳せていた。近年は似たようなビジネスの日高屋に抜かれて元気がないというニュース記事を見たが、いつの間にか海外に進出したりしてたのね。

kourakuen2.jpg
店内は日本のラーメン屋よりもキレイだ。こっちの物価水準では日本食はちょっとした高級料理。店長は日本人がしている。

kourakuen3.jpg
メニューを見ていると極旨醤油ラーメンなるプレミアムラインの醤油ラーメンが気になった。幸楽苑 日本版の公式ホームページを見るとこのメニューは載っていない模様。ちなみにトムヤムスープのタイ限定麺などもラインナップされていた。

kourakuen0.jpg
これが極旨醤油ラーメン。おお。見るからに美人顔。これは期待できる。

kourakuen4.jpg
ぬおおっ。このスープはドギツクなりがちな醤油っ濃さを抑えて、旨味と融合している。インダストリーなのかどうかはよく分からないが、このスープ、無難にウマいです。日本人がまさに思い描いている醤油味なのだ。福岡の醤油ラーメンでこれより旨いスープを挙げろといれてもそんなに思いつかない。(福岡はそもそも醤油スープを出す店が少ない。)

麺は、工場感を少し感じる平凡な中細のちぢれ麺。チャーシューは脂質を抑えて食べやすい。なかなかの一杯。というか、チェーン店、しかもタイにある店が、このレベルのスープを出してくることに新鮮な驚き。タイに日本人がたくさん住んでいるのも納得だ。


■幸楽苑 エカマイ ゲートウェイ店

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:タイ
posted by ニシヒロシ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(豚骨以外)・つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング