2016年02月28日

天空の城ラピュタのモデルと言われている、ベンメリアへ(カンボジア)


P2159249.jpg

一体化する遺跡と石と木。時の流れと自然が溶け合う。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

Siem Reapのゲストハウス街に宿を取ると明日ベンメリアに行くという旅人と知り合う。なんでもトゥクトゥク(バイクの後ろに客席をひっつけた乗り物)をチャーターして出かけるとのこと。四人まで乗れるし、頭割りすれば1/4の交通費で行けるとのことで乗っかることに。バンコクで知り合ったJDのMちゃんも呼んで四名でベンメリアへ出かける。

P2159171.jpg
Siem Reapの市街地を出ると、そこはひたすら土埃が舞う荒野である。

P2159158.jpg
大都会のバンコクと比べると、のどかすぎる。

P2159159.jpg
牛くらいにしか出会わない。

P2159159b.jpg
牛、時々、おっさん。

P2159166.jpg
途中、舗装がなくなる。デコボコ道をガタゴト揺られる。

P2159168.jpg
すれ違う人々はみな笑顔を向けてくれる。

P2159178.jpg
二時間ほど走って、ベンメリアの遺跡に着いた。

P2159174.jpg
まずはローカル食堂で朝ご飯。

P2159175.jpg
僕は鶏のカシューナッツ炒め。これうまし。でも、6USDと観光地価格。

P2159177.jpg
JDのMちゃんは焼きそばみたいな料理。麺がチープなんだけど、辛くてウマかったそう。

P2159184.jpg
ベンメリアの入場料は5USD。

P2159185.jpg
世界各地から観光客がやってきている。某国の団体旅行客が大型バスで乗りつけたりしていたので、混雑していた。

P2159189.jpg
いきなりの、バルス。

P2159199.jpg
遺跡なので立ち入ったらダメなはずなんだけど・・・。団体客おそるべし。遺跡には通路が用意されているので、そこを歩くのが無難。遺跡に近接するエリアはまだ地雷が完全に撤去されているかは保証できない。

P2159227.jpg

P2159237.jpg

P2159239.jpg

P2159250.jpg

P2159240.jpg

P2159244.jpg

P2159241.jpg

P2159249.jpg
遺跡のそこかしこから木が生えている。かつて栄えていた都市が滅んだあと、時の流れとともに自然に還っていく。

P2159280.jpg

P2159298.jpg

P2159261.jpg

P2159269.jpg

P2159313.jpg

P2159290.jpg
そろそろ宇宙に飛び立ちそう。ベンメリア、素敵な場所でした。いつかまた来たい。


https://retrip.jp/articles/599/
天空の城ラピュタのモデルとなった遺跡”ベンメリア遺跡”が神秘的だった!


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。