2016年02月08日

ディアシェフ|豚のバルサミコソテー:グリコ


glicoButabal0.jpg

食べログベストレストラン2013受賞店監修。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

という、ちょっと古くて、ありがたいのか、そうでないのかよく分からないキャッチに惹かれて購入した。

glicoButabal1.jpg
グリコが出しているフライパンで簡単調理、というシリーズ。東京/銀座のイタリア料理アロマフレスカ 原田慎次シェフ監修という鳴り物入り。でも購入価格108円だったり。笑

■公式
http://www.glico.co.jp/foods/dearchef/products/product4.html

「豚肉の旨みを引き立てる、バルサミコ酢の酸味と甘みがきいた本格ソース。ハーブとフライドオニオンの香りが食欲をそそり、見た目にも料理を華やかに彩ります」。

ようはバルサミコ酢とシーズニングの詰め合わせやろっ、とも思ったがとりあえず食べてみようか。

用意したのは以下。

●厚切り豚ロース:2枚
●かぼちゃ:50g
 →5mm幅にスライスし食べやすい大きさに切ります。
●しめじ
●サラダ油:大さじ1


豚肉をフライパンで焼くときに、落とし蓋をして弱火でじっくり焼き上げると中までしっかり火が通っていた。焼き上がったあとに、食べやすいサイズにカットする。

その後に炒めた野菜・きのこに本製品を絡め焼きした具&ソースをポークの上に載せて、シーズニングをトッピングしたら完成である。

glicoButabal0.jpg
ほくほくのかぼちゃがたまらんばい。

glicoButabal2.jpg
そこいらの下手なトンテキより、自分で焼いた豚のバルサミコソテーのがイケるかも知れない。トンテキは家庭の味でいけるかも。即席調味料満足度82pts.


■ディアシェフ|豚のバルサミコソテー:グリコ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:中食
posted by ニシヒロシ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | かんたんクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング