2014年11月14日

兵庫県立大学西はりま天文台:西はりまを巡るブロガーツアー(5)


nishihab4e12.jpg

【地図】

地上にある天体望遠鏡としては世界二位の「なゆた」。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。人気ブログランキング参加中('-'*)

nishihab4e1.jpg
西はりまをめぐるブロガーバスツアーの最終地点は西はりま天文台。ゆるキャラちゃんがお出迎えです。

nishihab4e2.jpg
兵庫県立大学西はりま天文台は

nishihab4e3.jpg
とてものどかな、見晴らしのいい丘の上にあります。まわりに街の光がないから、落ちてきそうな星空が広がるそうです。

nishihab4e4.jpg
無料の双眼鏡で流星群が捉えられるかな。キャンプ場やロッジも併設してあるんですと。星をながめるキャンプとは贅沢です。

nishihab4e6.jpg
一階には隕石の展示が。

nishihab4e7.jpg
鉄とニッケルの塊の隕石。メタルです。

nishihab4e8.jpg
土星の影。

nishihab4e9.jpg
上に上ると大きな天体望遠鏡がありました。

nishihab4e10.jpg
決まった時間に職員さんの説明付きで天体観測できる時間があります。一般客も気軽に参加できるのがいいね。

nishihab4e11.jpg
この日、望遠鏡で覗いたのは太陽の黒点と、黒点から吹き上がるプロミネンスと呼ばれる火柱。たしかに見えました。


nishihab4e12.jpg
場所を移して、こちらは兵庫県立大学の建物の中にある、超巨大望遠鏡。その名も「なゆた」。大数の単位(・・・恒河沙 阿僧祇 那由他 不可思議 無量大数)の那由他が名前の由来。

nishihab4e13.jpg
地上にある天体望遠鏡としては世界二位。レンズも規格外の大きさです。

nishihab4e14.jpg
黄色い板は交換レンズ群です。これらをはめかえることで、さまざまな観測を可能にしているとか。

nishihab4e15.jpg
なゆたの模型です。反射式望遠鏡の巨大な反射ミラーはそのサイズ2m。規格外のデカさです。

nishihab4e16.jpg
三菱電機製。

nishihab4e17.jpg
もうほとんど巨大コンピューターです。

西はりま天文台では、天体観望会を毎晩実施しています。
西はりま天文台の口径2m「なゆた」望遠鏡を使い、19:30から21:00の時間、その季節の見応えある天体を選んでごらんいただきます。(天体観望会は平日は宿泊者のみ、週末は日帰りでもご参加いただけます。)

なゆたがすごいのは天体観望会において、一般人でも覗くことができること。「眼視観測可能な望遠鏡としては世界最大。」ということで天体ファンに有名な望遠鏡なんだとか。

nishihab4e19.jpg

■兵庫県立大学西はりま天文台
兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2 
http://www.nhao.jp/education/

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:兵庫県
posted by ニシヒロシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西はりまを巡るブロガーツアー2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング