2014年05月29日

やきとり屋台で、串から作る焼鳥で家飲み


yayatai5.jpg

るんるん電気焼鳥マッスィーン、やきとり屋台の実力。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。人気ブログランキング参加中('-'*)

Amazonを見ていたら、電気で焼く焼鳥マシーンを見つけた。



ベストセラー商品の、焼鳥横丁。



僕が買ったのはより小型の「やきとり屋台」。一人で焼くのにはこちらがピッタリっぽい。100均で売っている15cm×15cmの網を載せたら焼肉マシーンにもなる。試しにこれを買ってみよう。ぽちっ。

makersyak1.jpg
焼鳥の準備をしながら、お酒でも飲もう。世界に一本だけのマイ・メーカーズマーク♪

makersyak2.jpg
サントリーさんにノベルティーでもらったピスタチオの燻製。仕上げにメーカーズマークで香り付けしてあるという凝りよう。ほんのりスモーキーで、ウマい。

makersyak3.jpg
メーカーズマークをハイボールにて。輪切りオレンジを浮かべる。フレッシュな柑橘の香りが甘めのメーカーズとよく合う。ウマウマ♪

yayatai2.jpg
焼鳥の準備は簡単だ。鶏のモモ肉か胸肉を買ってきて、皮をはいで2cmに角切りする。焼鳥のタレに10分ほど漬け込めば下準備は完了。タレは市販のものでOK。醤油、みりんを1:1をベースに薬味を加えれば、簡単に作ることもできる。レシピはネットにいくらでも出ている。

makersyak5.jpg
串打ちが楽しいのだ。ついつい作りすぎる。

yayatai4.jpg
やきとり屋台は小型なので一度に焼けるのは5本程度。タレをつけては焼きを繰り返し、くるくる回して満遍なく焼き上げる。楽しい。直火のような火力はないが、遠赤外線効果なのか、じんわり焼けていく。

yayatai5.jpg
見た目によらず、しっかり中まで火が通っている。鶏肉はしっとり柔らかく焼けており、とってもジューシー。焼きたてはやっぱりウマウマだ〜^^

makersyak6.jpg
自分でクルクル焼くのが楽しい。女子ウケもいいようです。

makersyak4.jpg
ひたすらにメーカーズマークと焼鳥。これは家飲みが捗る。おすすめっす。

makersyak7.jpg
次の日、余った鶏肉で友達がチキンステーキを作ってくれた。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:兵庫県
posted by ニシヒロシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。