2013年09月07日

9/1に解禁!兵庫県産ブランド「香住ガニ」のカニ鍋とカニすきを心ゆくまで味わう、の巻


kasumigani13.jpg

るんるんるんるん「香住ガニ」とは、兵庫県産のブランド蟹です。
甘いカニ身が特徴。

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。1日1ポチ、よろしくお願いします。('-'*)

kasumigani2.jpg
うおおー。
突如目の前にカニ・カニ!
松葉?紅ズワイ??

ニシヒロシ、カニには目がないガニ〜^^グッド(上向き矢印)

kasumigani3.jpg
香住町から「香住ガニ」PR隊のみなさまが神戸に来られてました。
(掲載許可済)

kasumigani4.jpg
甲羅のごまふり模様がまぶしいです。
「香住ガニ」とは、兵庫県産のブランド蟹で、9月1日に解禁されたばかり。
関西では香住漁港でのみ水揚げされるカニです。
日本海の近海物ゆえ、抜群の鮮度でいただけるのが特徴。

kasumigani5.jpg
松葉ガニは水深300m付近、香住ガニは水深800mより深い海域に棲息しています。
松葉ガニより深海に住んでいるため甲羅が松葉ガニより柔らかいのが特徴です。


kasumigani6.jpg
さっそくお刺身状態のカニしゃぶを試食させていただきました。
うんめ〜^^るんるんるんるん

kasumigani7.jpg
香住ガニを一口食べただけで、みなさん満面の笑顔になります^^
本当にウマいものの前では、もう言葉はいりません。

kasumigani8a.jpg
なんと!
香住ガニの旨さを知ってほしいとのことで、
観光協会さまから「香住ガニ」を二杯もいただいてしまいました^^
ありがとうございますっ!

kasumigani8.jpg
一人暮らしでカニを買っても調理が大変?
そんなことは全然ないです!

100均でカニばさみを買って、まずはカニの足を捌いてあげます。

kasumigani9.jpg
昆布だし(鰹だし)のスープで白菜、豆腐等と煮込むだけ。
出汁を取るのが面倒な人は市販のそばつゆをベースにしても大丈夫。
めちゃ簡単です。

kasumigani10.jpg
グツグツ煮えてきた。
足が紅く色付いたら食べ頃です。
煮込みすぎるとスカスカになってしまうので、早めに鍋から上げるのがミソ。

kasumigani11.jpg
くぅ〜、たまらん^^
カニ鍋とはサバイバルなのだ。

kasumigani12.jpg
「すごく・・・大きいですね、びっくりグッド(上向き矢印)
撮影アシスタントをしてくれた女の子もしっかりカニを握って離してくれません。

kasumigani13.jpg
甲羅が柔らかいから、蟹ハサミでサクサクと切ることができます。
身離れがよくてとっても食べやすいるんるん

kasumigani14.jpg
香住ガニは紅ズワイガニの仲間です。
タラバには肉厚感では負けますが、カニ身そのもののの甘味や旨味は
しっかりと味がする香住ガニのほうが僕は好きでするんるん

kasumigani15.jpg
カニみそ姫もトゥルルン。

kasumigani15b.jpg
カニ鍋の最大の楽しみは〆の雑炊。
カニだしが出まくった残り汁に溶き卵を落とすだけでお米がご馳走に変身。



ここで香住町からのおしらせ。

kasumigani16.jpg
9/14(土)に香住ガニまつりが開催されます。まつりでは、ボイル香住ガニを3,000名様に、焼ガニ・カニ汁を各1,000名様に無料でサービスします、とのこと。これは凄いグッド(上向き矢印)

kasumigani17.jpg
楽しいイベントやカニのお得な販売会も。


http://kasumi-kanko.com/
詳しくはWebで!



大きな地図で見る

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:兵庫県 神戸
posted by ニシヒロシ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニタ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング