2013年04月11日

究極の生ビール、はじまる。超達人店のプレミアムモルツを体験してきました@サントリー大阪本社


choutatsujin20.jpg

究極の生ビールとは何か?
超達人店のプレミアムモルツを関西の食ブロガーの皆さんと一緒に体験してきました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。1日2ポチ、よろしくお願いします。('-'*)

choutatsujin2.jpg
都会は海。
夕日に染まる大阪へとやってきました。
神戸から大阪へは40分もかからず移動できます。

choutatsujin3.jpg
このたびはサントリー様のご招待で究極の生ビールの会に参加してきました。
関西の食ブロガーの皆様とも初顔合わせです^^
みなさん、めちゃいい人でよかった〜。

choutatsujin4.jpg
乾杯の際、一杯目はなんと言っても生ビールですよね!

ところがたまに生ビールが不味い店ってないですか?
なんか注いだばかりのビールから雑巾のニオイがする・・・。
調査の結果を見ると、やはり同じような感想を持っている消費者は多いんです。

原因は・・・多分アレだな^^;


サントリーは考えました。
究極の生ビールってなんだろう?

凍った泡?

キンキンに冷えるサーバー?

ちょい足しレシピ?

choutatsujin7.jpg
サントリーが辿り着いた答えは、生ビール提供プロセスにおける徹底した品質管理でした。
それは生ビール提供の原点に立ち戻ることを意味します。

この答え、とっても地味です。

地味で、真面目です。

でも、今時ごくまっとうな答えだということに、僕はこの後気付きました。

choutatsujin5.jpg
究極の品質で生ビールを提供しているお店が「超達人店」です。


choutatsujin6.jpg
現在「樽生達人店」という生ビールのマイスター制度がありますが、
超達人店は更に厳しい提供品質基準をクリアした店だけが名乗れる究極の達人店という位置づけになります。


超達人店 〜究極のプレミアム・モルツ樽生が飲めるお店〜  
http://gourmet.suntory.co.jp/find/s_search/sp__11ZESGG1302A/temp__chotatujin/


choutatsujin8.jpg
ここからは実演セミナーです。
実際に超達人店に指導を行っている超達人の先生にあたる大野サブマネージャーの登場です。

大野さんが左手に持っているのは3ヶ月間掃除をしていないチューブです(生ビール樽とサーバーを繋いでいる元々は無色透明のチューブ)。洗わないとだんだん色が白く変色してます。

そして右手に持っているのは、なんと1年間に渡って1度も掃除していないチューブです。ここまでくると下水の配管を思わせますふらふら

choutatsujin9.jpg
そして1年間掃除してないチューブを使って水を注いだものがこちら。見るからに危険な色合いです。ちょっと鼻を近づけると・・・ううっ、これは酷いふらふら

掃除をしていないビールサーバーから注がれたであろう生ビールから雑巾のニオイが漂っていた理由がハッキリと分かりましたがく〜(落胆した顔)

樽の中身がどんなに素晴らしい生ビールであっても、提供する飲食店がきっちりとサーバーのメンテしないと本来の味が損なわれてしまうんですね。

超達人店の最大のこだわりは、ビールサーバーのこまめなメンテなんです。サーバー内部洗浄はもちろん、洗いにくいチューブの内部は専用のマイクロスポンジを使ってこまめに洗浄。地味だけどそこが一番大事。

その他にもグラスの洗浄法、ビール樽の取り扱い、温度管理、ガス圧の管理などのたくさんのチェック項目をすべてクリアした上での提供品質の高さが超達人店には求められています。

超達人店では通常の提供店ではメンテが難しい専用のクリーミーコックが使われています。専用コックのおかげで超なめらかな泡を作ることが可能となったとのこと。



実際にクーリーミーコックを使って生ビール注いだ様子を動画でどうぞ。

choutatsujin10.jpg
左側がクーリーミーコックをつかった超達人店の生ビール、そして右側が残念な注ぎ方。
右側の泡は粗く、すぐに泡が消えていってしまいます。
一方、左側は泡がクリーミーで、きめ細かいのがみてとれます。

choutatsujin11.jpg
特別な機械で光を当てるとビールの色が三層に分かれて見えます。

choutatsujin12.jpg
このクリーミーな泡には、実は隠されたヒミツがあります。
そのためには飲まないと分からない。
実演する大野さんが嬉しそう^^

choutatsujin13.jpg
ゴクゴク飲むと当然泡も一緒に飲むので泡は減るはずなんです。
ところが・・・あれ・・・泡が増え始めたぞ。

choutatsujin14.jpg
うほ。泡が増えてる〜^^
どんな仕組みになっとんじゃ〜。


choutatsujin15.jpg
大野さん、更に飲みすすみます(お仕事です)。

choutatsujin16.jpg
飲んでも飲んでも、泡が自動再生!
これはガチですごい。
一同大興奮^^

choutatsujin17.jpg
そして最後まで飲みきる大野さん(満面の笑顔ですがお仕事です)。
ビールがなくなっても泡だけは残るんです。
まるで泡が生きているよう。


choutatsujin18.jpg
ここで泡のヒミツに迫る実験。
用意したのは普通に注いだビール(左)と超達人のビール(右)。
まずは普通に注いだビールをマドラーで激しくまぜまぜします。

choutatsujin19.jpg
泡がコンモリと盛り上がってきました。
炭酸入ってるからね。

choutatsujin20.jpg
今度は同じように超達人のビール(右)をマドラーでまぜまぜすると・・・
泡がめちゃ吹き上がってきました。
泡のふたで炭酸が密封された状態になっているから、炭酸がしっかり残ってるんですね〜。
だから飲み口爽快なんです。

※よい子は決して真似しないでね。
お店の人にしばかれます。笑

choutatsujin21.jpg
そして、セミナーも終わってお店で実食会。

いや、待てよ。
超達人のプレモルを飲むなら・・・

今でしょ!

choutatsujin22.jpg
ちーっす。

choutatsujin23.jpg
超達人に手伝っていただいて、生ビールを自分で注いでみました。
めちゃ泡がクリ〜ミ〜^^


泡が再生するとこを動画で撮影してみました。

choutatsujin24.jpg
飲みすすんでも、クリーミーな泡が再生してきます。
爽快な飲み口、なめらかな口当たり。
これが究極品質の生ビアです!

間違いない黒ハート

(実食編へ続く)

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:大阪府
posted by ニシヒロシ at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

超達人店の生ビールセミナー サントリー大阪
Excerpt: 究極の生ビールの会 サントリー ザ・プレミアムモルツ 桜の時期は終わりましたが少し肌寒い日々が続い..
Weblog: ええ街大阪 (うまいもん食べ歩き・呑み歩き)
Tracked: 2013-04-12 00:27
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング