2013年01月07日

ありえないデカ盛のかつ丼が650円!:味処つくし(大野城)


tsukusi12ktdn1.jpg
るんるん日替わり(かつ丼セット)大盛 650円

【地図】

丼を大盛にすると・・・さあ大変。
福岡最大級のデカ盛のセットが登場。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。1日2ポチ、よろしくお願いします。('-'*)


tsukusi0.jpg
以前、店名のない食べ歩き(5)の店としてご紹介した、味処つくし。
過去記事:日替わり定食

すごく年季が入った外観。
僕も場所だけは知っていたけど、長年入れずにいたお店でした。
ほとんど情報がない店なので、お客さんは知人の口コミで来てる模様。

tsukusi0k.jpg

tenmenp129ckns3.jpg
カウンターとテーブル席があり、中は結構広いです。
お約束の漫画棚。

tenmenp129ckns4.jpg
佐賀米がイケるのです。

tenmenp129ckns5.jpg
テーブルサービスはピリリとする、朝鮮漬け。

tsukusi0m.jpg
日替わり定食は650円。ご飯お代わり自由。
レギュラーメニューも各種有り。

日替わりが丼物セットの日もあります。
この日の日替わりはかつ丼とそばのセット。

おばちゃんがご飯の量を聞いてきたので、まあ大丈夫だろうと大盛オーダー。
「大盛は残さず全部食べてね」と言われたので、ひょっとしてかなりデカいんじゃないんだろうかと覚悟を決める。
無料サービスの大盛を頼む資格はただ一つ、完食なのだ。

tsukusi12ktdn2.jpg
まずはセットのミニそば。
ミニと書いたけど、しっかりそば一玉分はあります。
甘濃いダシと甘濃いあげ。九州の田舎の味でホッとします^^
女性だったら、これ一杯で充分ランチ代わりになりそうです。

tsukusi12ktdn3.jpg
そこにかつ丼(大盛)が運ばれてきました。
うわ〜、なんだこの鉢のデカさは!

tsukusi12ktdn5.jpg
横から見ると、鉢の容積がよく分かります。
底が広いので、うどんの鉢よりも容積は大きいです。
小さな洗面器にゴハンを詰めたモノを想像してください。笑。

山盛にこそなってませんが、大和家の丼の大盛よりもごはん量は多い。

tsukusi12ktdn6.jpg
食べても食べても全然食べ進んでる感がない量です。
かつもそこそこ大きく、ホント食べ応えありました。
玉子に甘濃い出汁がよくしみてて好みです。

丼のインパクトで忘れそうになるけど、丼に加えて、そばも一人前あるんだよね。
どンだけ〜!

tsukusi12ktdn7.jpg
最初におばちゃんと約束したので、なんとか根性で完食♪も〜、お腹パンパンです。
自分で大盛を頼んで残すなどありえないのです。
単に量が多いだけでなく、固めに炊かれた佐賀米と甘濃い味で最後まで楽しめました^^

ふぅ〜、これを食べきった今ではあしずりの大盛がオードブルに思える。笑
食べる量に自信のない方は大盛はではなく、普通盛〜中盛がいいかも知れません。

かつ丼の量は美富士食堂(滋賀県)のかつ丼とほぼ同じか、若干少ないくらいだけど、そばを含めたトータルのボリュームはつくしの方が多いです。

美富士食堂のデカ盛かつ丼を前に「これは完食できる」と断言していたのは、ちょっと前につくしのかつ丼大盛セットを完食した経験があったからなんです。

福岡のデカ盛は全国区でも負けてませんゾ。
こんなスゴい店がネットやマスコミでほとんど話題になってないのは逆にスゴい。
食べ歩きを通じて、福岡のフトコロの深さに触れました。


店名:味処つくし
所在:福岡県大野城市三笠川5丁目9-17

7+

【イオン琉球】沖縄ブランド豚「琉美豚肩ロースしゃぶしゃぶセット」10名様に!


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:大野城市
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カツ丼・トンカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。