2012年12月29日

そして伝説へ。:南京ラーメン 黒門(遠賀町)


kuromon1.jpg
ラーメン

【地図】

ネットでもマスコミでも超人気。遠賀町の地味系とんこつ。
ニシヒロシの比較ラーメン論が神話のベールに挑む?!

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)

はぁ〜。
気付けばもう年の瀬。
こないだお正月だと思ったらあっというまだ。

今年も色んなお店に食べ歩きしたけど、ブログに載せられたのは7割弱といったとこ。
特にラーメン屋の訪問記はお蔵入りが多い。
ま、理由はアレだ。


メンドイから。笑

kuromon2.jpg
画像を整理していたら、秋に遠賀〜中間へ出かけた時の写真が出てきた。
その中に南京ラーメン 黒門を発見。
せっかくなので、この画像でブログを書いてみよう。

kuromon3.jpg
中間へ行く途中、遠賀町を通りかかったので、ついでに黒門に寄ってみるか。
遠賀町はのどかすぎるだろ〜。いいとこっす^^

kuromon4.jpg
黒門は昔風のラーメン屋の造りをしてます。
虚飾のない実直な職人気質にみんな惹かれているんだと思う。

kuromon5.jpg
豚骨ラーメンですが、色は透明に近い。
ツンムワっとくる獣臭は一切なし。
いらないものをきれいさっぱり削ぎ落としたスープ。
豚骨と聞いてなかったら、中華そばと間違う人もいるかも知れない。

一見シンプルに見えて、その奥には滋味な旨味がたたずんでいる。
そこにパンチは一切ない。いやパンチなどそもそも不要だったのだ。
豚骨はあくまでもダシという解釈。
料理とは引き算であるという真理をさらりと提示している。



kuromon6.jpg
博多の細麺とは異なる、中細のグネい麺。
オールドファッションな町の中華そばライクなスープには
この麺のほうが合っている。

口コミサイトでのレビュー数も膨大で、中には仰々しい美辞麗句で賛美されているものもあるけど、
ラーメンそのものは地味で地味で地味です。笑

黒門は唯一無二のように語られていますが、
僕はこのラーメンとよく似た雰囲気のラーメンを知っています。

それは新生軒です。
50年以上続く、姫路の老舗ラーメン屋です。

z12shinseiken1.jpg
新生軒は中華そばスタイルであり、豚骨ラーメンを標榜していません。
しかし出汁には鶏ガラや豚骨を配合して使っているそうです。
透明なスープは一見シンプルながら、じっくり味わうと複雑で滋味な旨味があります。
パンチがないのに、人を惹きつける一杯。
黒門マニアの人は機会があれば新生軒と食べ比べしてみてね。


ニシ風に二杯のラーメンを例えるなら、
別々の入口から入ったけど、辿り着いた出口はだいたい同じとこだった。
北1番出口と北2番出口みたいな。ま、しょーゆーこと。

【ニシヒロシ's 一言メモ】
長く愛されるラーメンの秘訣は滋味にあり。
いや、地味な営業努力こそ、一番大切なのです。



■南京ラーメン 黒門
福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
○TEL:093-293-1314
○営業時間:11:00〜16:00※スープ売切早終いアリ
○定休:月曜・第3日曜

8


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:福岡県
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豚骨ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。