2012年12月26日

十勝名物豚丼を5分で作ってみた♪ 


tokatibuta1.jpg

十勝名物の豚丼をご家庭で手軽に食べられる、
美味いもの市オリジナル【豚丼】を実際に作ってみました。
オリジナル・アレンジもしてみたよ。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


モニプラでご縁があり、とれたて!美味いもの市さんの十勝名物豚丼を
試食させていただきました。

とれたて!美味いもの市ファンサイト参加中


tokatibuta2.jpg
十勝名物豚丼は宅配のクール便で届きます。
冷凍されているので日持ちもバッチリ。

作り方は簡単で、冷凍豚肉を湯煎解凍して、中身をフライパンで焼くだけ。
ご飯に専用のタレをかけて、あとは豚をオンザライスすると十勝豚丼の完成です。
忙しい時でも手早く作れて、とっても便利です。

tokatibuta3.jpg
分かりやすいように、豚だけをフライパンで焼いてみました。
豚丼のタレはコクを出すために本みりんを使用し、肉と馴染むように水あめでとろみをつけてあります。
しっかりと甘濃い味がついているので、このままでもお酒のつまみにgood♪


tokatibuta4.jpg
まずはシンプルに十勝名物豚丼(一人前)を作ってみました。
一人前は大きな豚肉が3枚で、丼メシ一杯にちょうどいい分量です。
ネギを載せると色合いや風味がよくなります。

tokatibuta5.jpg
豚肉は良質な本ロースを使用。
脂身が少なくヘルシーでビタミンも豊富。
安心安全のカナダ産の豚肉です。

tokatibuta6.jpg
ご飯用のツユは別に作られています。
とんこつスープと利尻昆布のダシのダブルスープがベースです。
豚肉には濃いめのタレご飯にはあっさりツユとよく考えられています。

tokatibuta1.jpg
二杯目は、贅沢にも大盛ご飯に十勝名物豚丼を二袋載せました。

肉とメシほど鉄板の組み合わせは他にありません。
豚肉がくどくないので、たくさんあってもサラサラ食べられるんです^^
食べ応えがあるので、肉食系男子・女子に2倍盛がおすすめです。

tokatibuta7.jpg
十勝名物豚丼に味をチョイ足しするなら、マヨネーズかな。
コクと酸味がプラスされて、味がまろやかになります。



最後に十勝名物豚丼を使ったアレンジ・レシピを公開。

今回作るのは、ニシヒロシ流 十勝他人丼です。


■材料

・十勝名物豚丼の豚肉(1人前)
・豚丼に付属のご飯ツユ1袋
・玉子1個
・玉ねぎ(半玉)
・めんつゆ(お好みで)

■作り方

1. 玉ねぎを刻んだものをフライパンで炒めておく
2. 十勝名物豚丼の豚肉を湯煎する
3. 1にご飯ツユを加えてひと煮立ち(お好みでめんつゆを少々)
3. 2を3に加えて、豚肉をフライパンで焼きます
4. 肉に火が通ったら、火を止めて溶き玉子を入れます
5. 余熱で玉子が固まってきたら、具を丼ご飯の上によそいます


とっても簡単です。

tokatiOri0.jpg
こちらが完成図〜♪

十勝名物豚丼と玉子丼が合体した、十勝他人丼です。
甘濃いダシが玉子とじにしみていて、ゴハンがめちゃススム味わいです。
コツとしては溶き玉子を入れた後、余熱で蒸らすと玉子がトロトロにできます。
かつ丼の衣がないバージョンなので、ヘルシーですよ^^

お試しあれ。


お試しセット:十勝名物豚丼 8食


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:モニター
posted by ニシヒロシ at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニタ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。