2012年12月04日

近江牛 カネ吉山本の和牛カリー


kaneyoshicu1.jpg

近江牛を贅沢に使った、カネ吉山本の和牛カリーるんるん
高級ホテルの味を家庭で手軽に味わえる逸品でした。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


kaneyoshicu2.jpg
おっ、なにやら包みが届いてる^^
近江牛のカネ吉山本さんの特製カレーのモニターに選ばれました♪

カネ吉山本さんと言えば、ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行の際、近江牛のコロッケを試食させていただきました。

kaneyoshicu3.jpg
今回モニターさせていただいた商品は3種類。


kaneyoshicu4.jpg
今回のメインとも言える、カネ吉の和牛カリー(525円)。

カレー専用に厳選したカネ吉の近江牛肉(角切り肉・挽き肉)を使用るんるん
内容量は220g、辛さは『中辛』です。

kaneyoshicu5.jpg
角切りのお肉がゴロゴロしてますグッド(上向き矢印)
高級ホテルのビーフカレーを彷彿とさせるルックス。

近江牛はフニャフニャな状態ではなく、煮込まれて味が染み、
引き締まった食感。ビーフだしがしっかりときいてまするんるん

一口目の口あたりはマイルド。
野菜由来のほどよい酸味と、柔らかなスパイスの重層的な味わいるんるん
あとから辛さが追いかけてくる、大人の中辛。

お客様の声に「高級ホテルのカレーの味」という感想があったのを見て、
「いくらなんでも(笑)」と思ってたのですが、これは本当に高級ホテルで
出てきても納得してしまうレベルに到達してますゾ。

心のどこかでレトルトと思って侮っていたとこがあったけど
私が間違っておりました^^;
手間暇かけて作られたカレーはやっぱりウマしです♪


kaneyoshicu6.jpg
お次は、カネ吉のハッシュドビーフ(525円)。

kaneyoshicu7.jpg
近江牛をぜいたくに使用してあります。
一目見て分かるように、市販のハッシュドビーフよりも和牛の量が多い^^

kaneyoshicu8.jpg
カネ吉自家製デミグラスソースはほんのり酸味がきいており、優しい味わい。
幅広い世代の人に受け入れられる味ですね♪


kaneyoshicu9.jpg
最後にいただいたのは、キーマカリー(525円)。

kaneyoshicu10.jpg
キーマカリーとは、挽肉のカレーのこと。
バーム(クーヘン)豚と呼ばれる、希少な近江産の「蔵尾ポーク」を100%使用。

一口食べてすぐに伝わってきた、ポークの味わいの良さ。
ほんのり中辛のカレーと渾然一体となっています。
近江は豚肉もおいしいんですね^^


三種の中では和牛カリーが、お気に入り。
レトルトとは思えない贅沢なビーフカレーでした。
やっぱ近江牛サイコーです♪

お世話になったあの人に贈ろうかな♪


近江牛カネ吉 公式通販サイト


■近江牛 カネ吉 山本
滋賀県近江八幡市鷹飼町558
TEL:0748-32-5300


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニタ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。