2012年11月06日

博多B級グルメ 豚骨焼麺:らーめん壱の家(大名)


ichinoyayaki1.jpg
博多B級グルメ 豚骨焼麺 通常価格800円⇒400円(クーポンサイト)

【地図】

ラーメン、つけめん、ボク焼麺
香ばしく焼いた細麺を豚骨スープに合わせて食べる、今までにないスタイル。
いわゆる「焼ラーメン」とは別の料理です。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


ichinoyayaki2.jpg
この日は大名でランチ。
クーポン買ってたやつがあるんだった。

ichinoyayaki3.jpg
らーめん壱の家。
場所は前に元助があったとこらへん、といえばイメージできるかな。
その元助の跡地に、カレーラーメンの新店がオープンしたばかり。

ichinoyayaki4.jpg
これが豚骨焼麺です。
テレビ番組に出まくっている、お馴染みのアレです。
スルーするつもりだったんですが、半額に釣られて試してみることに^^;

まぁ、こういうのはアレがアレしてアレだからアレなんだろうな〜。
そういう先入観があったのも事実。
雑念を脇に置いて、ハムっとな。

ichinoyayaki5.jpg
片面はカリッと香ばしく、もう片面は「ゆで」の食感を残してあります。
イメージとしては餃子にヒゲをつけたような感じかな。

「丼の周りの麺を、スープにつけながらお召し上がりください。」
と書いてあったりのでそのとおりに試してみます。

カリカリの部分がスープの中で少しずつほぐれていきます。
自分の好きな加減に調整しながら食べられて面白い。
ありそうでなかったアイデア料理ですね。
こういう新しい試みは好きです。

丼の内部にはたっぷりと茹でもやしが。二郎を意識?
辛子味噌は普通の量にしてみましたが、ほどよいピリ辛がいい感じ。

豚骨スープそのものは、現代的なコックリ系。
ニオイと脂は極力抑えてあって誰もが食べやすい仕様。

ichinoyayaki6.jpg
焼麺にはサービスでライスが付いてます。
(希望すると出してもらえます)

ラーメンスープをごはんにかけてお茶漬け風にして食べるラーチャ飯。
ほんのりピリ辛風味の豚骨とご飯の相性はいいねぇるんるん

定価で食べるかと聞かれたらビミョーだけど、
味そのものは嫌いじゃなかったです。
半額で試せてよかったな。


■らーめん壱の家
福岡市中央区大名1-12-52 セパビル1F
○TEL:092-732-5668
○営業時間:11:30〜24:00(L.O.23:30)
※平日は15:00〜17:00は休憩となります。
※日曜、連休最終日の閉店時間は22:00(L.O.21:30)となります。
○定休:木曜

7+


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(豚骨以外)・つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。