2012年10月26日

草津市立水生植物公園みずの森:ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行(20)


shi12mizunomori1.jpg

スイレンのコレクションは日本最多、
水生植物公園みずの森に行ってみた。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


shi12mizunomori2a.jpg
ラフォーレ琵琶湖でタクシーで走ること15分。
琵琶湖博物館へ着きました。運賃は2800円ほど。
ただいまの時間、8:45。

琵琶湖博物館の開館は9:30。
もう少しだけ時間に余裕がある。

9:00に開館する草津市立水生植物公園みずの森を少し見学してみよう。
場所は琵琶湖博物館の隣、徒歩5分ほど。

shi12mizunomori2.jpg
風力発電の巨大な風車が目をひきます。

shi12mizunomori3.jpg
くさつ市の「くさつ夢風車」です。
この瞬間にも発電しています。

shi12mizunomori4.jpg
みずの森の入口。
入園料金は大人300円です。
今回はブロガーパスの特典で入りました。

shi12mizunomori5.jpg
三方を豊かな琵琶湖の自然に囲まれた植物園です。
スイレンのコレクションは日本最多を誇るそうです。
7月下旬には、ハス祭りが行われます。


風車が動く様子。

shi12mizunomori6.jpg

shi12mizunomori7.jpg

shi12mizunomori8.jpg
たくさんのお花と緑の庭が広がります。
植物園は心が安らぐなぁ^^

shi12mizunomori9.jpg
やはり見所はロータス館。

shi12mizunomori10.jpg
世界の水生植物の展示だけでなく、
琵琶湖にのみ棲息する珍しい植物が見ることができます。

shi12mizunomori11.jpg

shi12mizunomori12.jpg

shi12mizunomori13.jpg
いろんな種類の蓮が花を開かせていました。



shi12mizunomori14.jpg
温室だけでなく、蓮にまつわる文化の紹介コーナーもありました。
ロータスランプはきれいだな。

shi12mizunomori15.jpg
蓮というと、仏教のイメージが強いですが、
世界各地で蓮をモチーフにした美術品を見いだすことができます。

shi12mizunomori16.jpg
古代エジプトでもロータスは高貴な人の傍らにある花でした。

shi12mizunomori17.jpg

shi12mizunomori18.jpg
ツタンカーメン王の台座にも。

shi12mizunomori19.jpg
展示室を抜けると喫茶室がありました。
ここでは蓮を使ったフードを食べることができます。
時間があったら、蓮ソフトを食べてみたいです。

shi12mizunomori20.jpg
お庭をぐるっと散歩。

shi12mizunomori22.jpg
あたりの湖面が埋めつくされるほどの蓮。
琵琶湖・蓮の群生ポイントは大迫力。

shi12mizunomori24.jpg

shi12mizunomori25.jpg
準絶滅危惧種の珍しい水生植物が栽培されていました。

shi12mizunomori23.jpg
画像は蓮ばかりですが、お庭もいい感じでした。
ゆったりとベンチで寛ぎながら、友達とピクニックしたくなるような場所でした。



大きな地図で見る


http://www.kanko-kusatsu.com/spot/387

http://www.mizunomori.jp/
■草津市立水生植物公園みずの森

滋賀県草津市下物町1091番地
開園時間/午前9時から午後17時(最終入園午後4時30分)
夏季7月11日〜8月20日は午前7時から開園
定休日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休園です)
ただし、夏季期間・ゴールデンウィーク期間は無休。
年末年始(12月28日〜1月4日)

入園料金/大人300円、高大生250円、小中学生150円
TEL:077-568-2332 ホームページ:http://www.mizunomori.jp/

交通アクセス
路線バス JR草津駅西口発、近江鉄道バス「烏丸半島」行き乗車、
「みずの森」下車。(約25分) 近江バス・湖国バス


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。