2012年10月21日

琵琶湖のパワースポットを目指して♪竹生島クルーズ:ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行(15)


shi12tikubu1.jpg

弁天様の住む島、竹生島は琵琶湖随一のパワースポット♪
日本三弁才天の宝厳寺へ行ってきました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


shi12tikubu2.jpg
彦根城を見学した後、彦根駅から長浜駅へJRで移動。
途中で大きな大仏を発見。どこのお寺だろう?

http://www.city.nagahama.shiga.jp/index.cfm/6,14724,17,143,html?20110114134045625
調べてみたところ、良畴寺の長浜びわこ大仏のようです。

shi12tikubu3.jpg
長浜駅に到着。ステンドグラス使いのきれいな立派な駅舎です。

shi12tikubu4.jpg
駅の中のショーウインドウに十一面観音を発見。
きっと好きな人が彫ったんだろうな^^

午後イチの予定は竹生島クルーズ。
乗り場までは駅から徒歩で10分少々。

shi12tikubu5.jpg
鉄道ファンにはたまらない、長浜鉄道スクエア。

shi12tikubu6.jpg
昨晩泊まった長浜ロイヤルホテルから近いところに、琵琶湖汽船乗り場があります。

shi12tikubu7.jpg
待合い所は巡礼者でいっぱい。
竹生島は中高年にも大人気♪

shi12tikubu8.jpg
竹生島めぐりは1日5便。
事前予約しておくことをおすすめします。
料金は2980円(往復)。今回は近江路・旅ブロガー特典のご招待券で乗りました。


http://www.biwakokisen.co.jp/basic/index3.php
■竹生島クルーズ 琵琶湖汽船

shi12tikubu9.jpg
小型のフェリーに乗って琵琶湖を旅します。
この絵ヅラを見ると、どう見ても海にしか見えません。
琵琶湖は大きいなぁ。

shi12tikubu10.jpg
開放的なデッキ席と、全天候型のキャビン席があります。

shi12tikubu11.jpg
海面が近くて、迫力があります。
彦根で買ったおやつを食べていたら、いつのまにか着きそう。



shi12tikubu12.jpg
竹生島が見えてきました。
湖に島が浮かぶ島で、古来より弁天さまの住処とされてきました。
宝厳寺と都久夫須麻神社が祀られています

shi12tikubu13.jpg

shi12tikubu14.jpg
どうやらちょっとした登山が待っているようです。

shi12tikubu15.jpg
港が見えてきました。

shi12tikubu16.jpg
琵琶湖周航の歌の歌碑に出迎えられます。
4番の歌詞には竹生島がうたわれています。


琵琶湖周航の歌。

竹生島の入島料400円を払って、いざ宝厳寺へ。

shi12tikubu17.jpg
竹生島宝厳寺は、神亀元年(724年)聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神より「江州の湖中に小島がある。その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。すれば、国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧行基を勅使としてつかわし、堂塔を開基させたのが始まりです。
(竹生島宝厳寺HPより)

shi12tikubu18.jpg

shi12tikubu19.jpg

shi12tikubu19b.jpg
本尊は大辯才天。
日本三弁才天の一つ。
観世音菩薩は西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所でもあります。

shi12tikubu20.jpg
辯才天は一般には弁天さまと呼ばれ親しまれております。
七福神の神様でもあります。
たくさんの芸事を器用にこなすお姿。

shi12tikubu22.jpg
商売繁盛と芸能向上の神様。
歌や楽器が上手くなりたい。
そんな願掛けをしに、多くの芸能人がパワースポット竹生島を訪れているとのこと。

shi12tikubu21.jpg
画がうまくなりますように♪
心なしか弁天さまが微笑んでいるように見えました^^

shi12tikubu23.jpg
数え切れないほどの、弁天様の幸せ願いダルマ(500円)。
ひとつひとつ表情の違う手作りの弁天様の中に、願いを書いた紙を入れて奉納します。

shi12tikubu24.jpg
撮っているときに脳内BGMに「たーらこー、たーらこー」が流れてたのは内緒だ。

shi12tikubu25.jpg
かわいい石仏を発見。

shi12tikubu26.jpg
こういう素朴な仏をみると、癒されます。


http://www.chikubushima.jp/
■竹生島宝厳寺




shi12tikubu27.jpg
宝物殿では竹生島宝厳寺の宝物が展示されてました。
(のちほど追記します)

shi12tikubu28.jpg
三重塔がみえる。

shi12tikubu29.jpg
唐門と観音堂は国宝です。

shi12tikubu30.jpg
豪華絢爛な桃山様式の唐門の代表的遺構。

shi12tikubu31.jpg

shi12tikubu32.jpg

shi12tikubu33.jpg
彫刻も見事です。

shi12tikubu34.jpg
舟廊下(重文)

千手観世音菩薩を納めた観音堂から都久夫須麻神社に続く渡廊・舟廊下。
舟廊下は朝鮮出兵のおりに秀吉公のご座船として作られた日本丸の船櫓(ふなやぐら)を利用して作られたところから、その名がついています。(桃山時代)


shi12tikubu36.jpg
舟廊下の屋根を望遠でズームしてみた。

shi12tikubu35.jpg
舟廊下を渡って、都久夫須麻神社へと向かいます。

shi12tikubu37.jpg
宮崎鳥居

竜神拝所では土器(かわらけ)に願いごとを書き、山腹の宮崎鳥居に向かって投げる「かわらけ投げ」という願掛けが有名です。投げたかわらけが鳥居をくぐると、願い事が成就すると言われています。

shi12tikubu38.jpg
土器(かわらけ)の販売所の奥には

shi12tikubu39.jpg
金運・財運の象徴、白蛇さまが祀られています。
金の●を御守りされてます。笑

shi12tikubu40.jpg
その脇には小判がザックザク♪こいつは目出度い。
竹生島神社の招福小判御守(200円)をお土産にしよっと^^

shi12tikubu41.jpg
島歩きは完了。
随所に女子を惹きつけるパワースポットがありました。
島にいたのは80分ほどでしたが、濃い密度で堪能できました。

shi12tikubu42.jpg
たくさん歩いたご褒美はやっぱりビールグッド(上向き矢印)
晴れた昼間に飲む一杯はサイコー♪

shi12tikubu43.jpg
この後は長浜に戻って、長浜城へ登ります。


http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=2555
竹生島


長浜港から竹生島行き観光船で30分(長浜、今津、彦根各港から連絡船あり)
●琵琶湖汽船(長浜港)0749-62-3390
●オーミマリン(彦根港)0749-22-0619
料金 入島料400円


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。