2012年10月20日

ひこにゃんに会う方法とは♪彦根城に行ってきた:ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行(13)


shi12hikonec1.jpg
国宝 彦根城にて。

古城にひとり、たたずめば。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


shi12hikonec2.jpg
大師寺をあとにして、てくてくと徒歩で彦根城を目指します。
至る処にひこにゃんが^^

shi12hikonec2b.jpg
ポストの上に彦根城が築城されてます。笑

shi12hikonec3.jpg
お城が見えてきました。

shi12hikonec4.jpg
大きな濠があります。
ここからは天守閣がまだ見えません。

shi12hikonec5.jpg
水鳥が羽を休めています。

shi12hikonec6.jpg

shi12hikonec7a.jpg
ゆるキャラブームの元祖、火付け役となった彦根のひこにゃん。
その人気は衰えをみせるどころか、不動のものとなっております。
ひこにゃんのショータイムが毎日開催されてますよ。

shi12hikonec8.jpg

shi12hikonec9.jpg
色んなところにひこにゃんの分身が♪
残念ながら僕が滞在した時間はひこにゃんの本体に出会えませんでしたが
時間を合わせていけば、バッチリ会えることが分かりました。

shi12hikonec10.jpg
やっぱり階段。
お城はちょっとした登山です。

shi12hikonec11.jpg
橋と石垣。

shi12hikonec12.jpg
あらら。
近所の幼稚園の遠足とかぶってしまったようです^^;

shi12hikonec13.jpg

shi12hikonec14.jpg
柱の組み方に特徴があるんだとか。

shi12hikonec15.jpg
やっと頂上まで登りました。
本丸は想像してたよりもコンパクト。



shi12hikonec16.jpg
天守はやっぱり美しい。

shi12hikonec17.jpg
屋根の造形が凝ってます。

shi12hikonec18.jpg
いよいよ国宝の天守閣に入ります。

<国宝>天守 付櫓及び多聞櫓 彦根屏風
<重要文化財>太鼓門及び続櫓 天秤櫓 西の丸三重櫓及び続櫓 二の丸佐和口多聞櫓 馬屋 我宿蒔絵硯箱

shi12hikonec19.jpg
お城の中は少しひんやりとしてます。

shi12hikonec20.jpg
厳しい表情をした井伊 直弼の像がありました。

井伊 直弼(なおすけ)

幕末の大名。近江彦根藩の第15代藩主。
幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。


shi12hikonec21.jpg
内壁には鉄砲狭間と

shi12hikonec22.jpg
矢ざまがいたるところに設置されています。

shi12hikonec23.jpg
外面には白い板が貼られており、外からはどこに鉄砲狭間があるかは分かりません。

shi12hikonec24.jpg
ハシゴのような急な階段を登って、天守閣の頂上に来ました。
幼稚園児の遠足とモロかぶりです^^;

shi12hikonec25.jpg
天守は彦根の街を360°見渡せる場所でした。

shi12hikonec26.jpg
琵琶湖もよく見えます。

shi12hikonec27.jpg
古い時代の珍しい瓦などが展示されていました。

shi12hikonec28.jpg
お城を出ると、渡し舟が通りかかりました。


http://www.hikone-400th.jp/

http://www.hikoneshi.com/jp/castle/

http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=838
■彦根城
滋賀県彦根市金亀町1-1 
料金 大人600円、小人200円
※団体割引あり(30人/10%、100人/20%、300人/30%)
営業時間8:30から17:00
TEL:0749-22-2742


shigakanklog.gif

biwaicjhiwa1b.jpg



スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビワイチ!近江路・ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。