2012年10月12日

あいたい兵庫・旅ブロガー日記17:姫路土産は杵屋の書写千年杉


z12sennensugi1.jpg
書写千年杉(小倉クリーム) 1050円

トム様が50本お買い上げしたのは、姫路のお土産の新定番。
老舗・杵屋の書写千年杉はクリーム入りのバウムクーヘン♪

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


z12sennensugi2.jpg
楽しかった姫路観光もお終い。
しろまるひめ、今年もありがとなー^^
来年もまた会えるよね?

z12sennensugi3.jpg
姫路駅の建物の中にあるプリエおみやげ館にやってきました。

z12sennensugi4.jpg
おみやげ館でも金賞を受賞。
老舗の杵屋謹製が発売し大ヒットとなった姫路お土産の新定番といえば、

z12sennensugi6.jpg
書写千年杉です。
円教寺境内の千年杉に見立てた創作バームクーヘンなんです。

z12sennensugi5.jpg
『ラストサムライ』の撮影の後、トム・クルーズが姫路土産にお買い上げされたそうです。
その数、なんと50本!って、どんだけー!
やっぱりセレブはスケールがちゃいますな。
慎吾ちゃんもかぶりついてますな。

z12sennensugi7.jpg
大きさも見栄えするし、1本1050円という価格も魅力。
箱入りで持ち運びやすく、30日ほど日持ちするとのこと。
よく考えられてます。

z12sennensugi8.jpg
包み紙をめくると

z12sennensugi9.jpg
アーモンドコーティングされたバウムクーヘンが現れます。

パンナイフでサクッとカットすると、バウムの中に小倉クリームがっ。
見た目にもそそるスイーツですね♪

一口食べると、まずはアーモンドの香ばしさを感じます。
普通のバウムクーヘンよりも風味に奥行きが出てます。

そして中心部まで食べすすむとクリームの味が加わり、よりスイートに。
クリームは想像していたよりも、ソリッド感のありました。

結構ボリュームあるので、一人で食べたら3日分のおやつになりました。
旅から帰ってきて、姫路の余韻にひたった一時でした。



大きな地図で見る

http://kineya.net/index.html
杵屋 公式HP

本店/姫路市二階町95
FruttaMista(フルタミスタ)/姫路駅南口コンコース内プリエ姫路スイーツエリア
など



aitaih12g.jpg

全17回に渡った「あいたい兵庫・旅ブロガー日記」はこれにて完結します。

兵庫といえば神戸のイメージが強いかと思います。
神戸と比べるとガイド本では目立ちませんが、播磨地区は自然と食と酒の魅力にあふれる素晴らしい場所。

食べ歩きと観光旅行を両立できるのが播磨の旅の魅力です。
そしてなんといっても人が温かい。おもてなしを大事にしている飲食店が多し♪
また来年も兵庫に行きたい、そんな思いで旅を締めくくることができました。


兵庫の旅にご協力いただいた関係各位に厚く御礼申し上げます。

Special Thanks to♪

兵庫県産業労働部国際局観光振興課 様
公益社団法人ひょうごツーリズム協会 様
あいたい兵庫キャンペーン2012事務局 様
取材協力いただいた寺院、観光施設、飲食店の料理人の皆様
(順不同)


最後に、長い連載を読んでいただいた読者のみなさま、ありがとうございました。
いつか播磨を旅する人のお役に少しでも立てたら幸いです。
また兵庫に会える日を楽しみにしています。


あいたい兵庫・旅ブロガー ニシヒロシ 拝

bnr_aitai2012.jpg
あいたい兵庫キャンペーン2012

hyogotabiblo3.jpg

スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あいたい兵庫・旅ブロガー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング