2012年06月20日

ほっとステーション基山:Aセット(ラーメン、ハーフ焼きめし、サラダ) 600円


hotstationcs1.jpg
Aセット(ラーメン、ハーフ焼きめし、サラダ) 600円

【地図】

丸幸や大龍と、同じ源流を持つ基山のほっとステーション。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)

hotstationcs2.jpg
この日は基山でランチタイム。
ひさびさにほっとステーション基山へ行ってみることに。
東明館高校のすぐ隣にある、ログハウスの建物です。

ほっとステーションの源流をさかのぼると、丸幸をへて、
かつて久留米にあった、幸陽軒(現在閉店)に辿り着くそうな。

歴史を紐解いてみましょう。

幸陽軒の原口氏が黒岩氏、八郷氏らと共に昭和40年に基山に丸幸ラーメンをオープン。
丸幸の黒岩氏が後に独立開業したのが、大龍ラーメン
原口氏の義弟・八郷氏が後に独立して開いた店が、ほっとステーション基山

hotstationcs3.jpg
それしても、ラーメン屋には見えないですね。
ステーキハウスと言われたら素直に信じます。笑

hotstationcs4.jpg
中に入って、おばちゃんの人懐っこい接客を受けると昔ながらのラーメン屋の風情があります。

hotstationcs5.jpg
らーめん390円と昔の値段で出ています。
南方の店ですが、替え玉、もとい替え麺があります。

hotstationcs6.jpg
平日昼はお得なAセットをチョイスできます。
麺の固さを聞かれた。
ここは南方エリアなので、「普通」でお願いしました。

hotstationcs7.jpg.jpg
一枚載せられた海苔が南方のラーメンであることを主張しています。
スープは系統的には丸幸に近いと思いますが、昔を知る人は幸陽軒の味に近いといいます。
僕は幸陽軒に行ったことないから、元の味は知らんけど^^;

ミルキーだけど、ほんのり豚骨臭も漂います。
でもベタは浮いてなく、オイリーさは控えめで食べやすい一杯。7

hotstationcs8.jpg
麺は中細の南方麺。
普通で頼んだので、当然、フニャいです。

hotstationcs10.jpg
紅生姜だけでなく、漬けもんもテーブルに置いてあるのは丸幸ラーメンセンターを彷彿とさせます。
本来は口直しにつまむものなんだけど、スープの中に入れる人もいます。
スープが酸っぱくなるので、僕は絶対に入れませんが^^;

hotstationcs9.jpg
炒飯はパラパラの仕上がり。
塩・胡椒・玉子のシンプルで王道な仕上げ。お、これは主役をはれるんじゃないの?
ラーメン屋の焼飯としては、いいデキ映えだと思います。8


■ほっとステーション基山
佐賀県三養基郡基山町大字宮浦702-3
○TEL:0942-81-0678
○営業時間:10:30〜21:00
○定休:月曜


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:佐賀県
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豚骨ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。