2012年06月06日

油山観音 正覚寺:十六羅漢とひばり観音と重文と。


aburayamakannon1.jpg

ぶらり神社仏閣めぐり(4)。
油山にある、油山観音さまへ。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


aburayamakannon2.jpg
油山観音(正覚寺)は展望台へ登る道の途中にあります。


大きな地図で見る


aburayamakannon3.jpg
6世紀にインドから渡来した清賀上人(せいがしょうにん)が、
千手観音像を刻み安置した事が起源とされています。
歴史が古く、由緒あるお寺なんですね。

椿の実から油をしぼり精製した事が、「油山」の地名の由来なんですと。
本堂の「聖観音座像」は国の重要文化財。

aburayamakannon4.jpg
油山観音霊域と書かれています。
凜とした空気が漂う。

aburayamakannon5.jpg
油山の自然に抱かれた場所にあります。
なんだかゾクゾクっとくる。

aburayamakannon6.jpg
なんだか心細くなってきたので、鼻歌を歌いながら登ります。
「山寺のポンポン 和尚さんがっ♪」

aburayamakannon7.jpg
明王さま。

aburayamakannon8.jpg
正覚寺に着きました。
お稲荷様が祀られてます。

aburayamakannon9.jpg
心字池には弁天様が祀られています。

aburayamakannon11.jpg
幸せの鐘。

aburayamakannon10.jpg
正覚寺の中に、雲雀堂(ひばりどう)があります。

aburayamakannon12.jpg
ここに祀られているのは、なんと、美空ひばりさん。
ひばりさんは生ける歌の神様でしたが、今やひばり観音様です。
福岡県とひばりさんはなにかとご縁がありました。

aburayamakannon13.jpg
お堂にはジュークボックスがっ。

aburayamakannon14a.jpg
本堂のお庭には、十六羅漢の石像が配置されてます。

aburayamakannon15.jpg
阿羅漢 (あらかん)はサンスクリット語:arhat アルハットの音写。
仏教において、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。
略称して羅漢(らかん)ともいう。

aburayamakannon16.jpg

aburayamakannon17.jpg
羅漢は一体一体、お顔の表情が違っています。

aburayamakannon19.jpg
なんかかわいい。

aburayamakannon18.jpg
つい悟空さんの台詞が頭をかすめた。笑
「おい・・・おめぇら、ココ おか(以下略」

aburayamakannon21.jpg
苔が生すまで修行しなさって、その先に何が見えたのだろう。

aburayamakannon22.jpg
紫陽花はもうすぐ。

aburayamakannon23.jpg
本堂は警備が厳重になってます。
中央の小さなのぞき窓から

aburayamakannon24.jpg
聖観音座像(重文)のお姿を拝することができます。
優雅で気品あふれるお姿。
椿油がよく似合う、美人さんですね。
(画像は説明ボードをデジカメで撮影)

aburayamakannon25.jpg
油山観音を堪能した後は、油山の展望台へ向かいます。

aburayamakannon26.jpg
福岡平野のパノラマ。
残念ながら、本日も霞がかかってます。
福岡の夜景の名所です。

aburayamakannon27.jpg
油山付近のグルメスポットもチェック。
石窯焼のパン屋さんやら。

aburayamakannon28.jpg
名前にインパクトのある、長寿ラーメン。

aburayamakannon29.jpg
バングラディッシュ・インド料理 NAN・CURRY、ランチがお手軽。
今度は食べ歩きとハイキングにこよっと。


■油山観音 正覚寺
福岡市城南区東油山508
092-861-4006

【神戸牛旭屋】最高級神戸牛A5サーロインステーキ【150g 3名様】に!


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。