2012年06月16日

OLYMPUS XZ-1と自動開閉レンズキャップ LC-63A


olyXz1.jpg

OLYMPUSのコンデジ、XZ-1を使い始めました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)は選ぶのが難しい道具の一つかもしれない。
一長一短、それぞれの機種に特徴があるから。

日々の食べ歩きの記録と、
旅行先での風景スナップをソツなくこなせそうなヤツというテーマで選んだのは、
OLYMPUS XZ-1。

olyXz8.jpg
ズームを最大まで伸ばしてみたとこです。


olyXz2.jpg
『f1.8』のバッチは・・・^^;

OLYMPUSのi.ZUIKO DIGITALを冠するズームレンズは
(35mmカメラ換算)28mm〜112mmで開放F値1.8〜2.5の明るいレンズ。
普通のコンデジのレンズと比べて大口径なのが一目で分かります。

レンズ前1cmまで寄れるスーパーマクロ。
これは暗めの室内で撮影することが多い、食べ歩き用途にピッタリ。

レンズ周りはコントロールリング。
カチカチ回すと、絞りやシャッタースピードを変更できる。
リングやダイアルは金属からの削りだし部品。
ボディは金属製。

olyXz5.jpg
一眼ゆずりのPASMダイアル。
S95はこれが固くて難儀したけど、XZは若干軽い。
気づいたら違うモードになってることしばし。

olyXz6.jpg
背面にもコントロールダイアルを装備。
巷で言われるほど、操作感は悪くはないと思う。いたって普通。
他の高級コンデジやデジイチほどカスタムができないだけで。
XZ-1のコンセプトは「写りの良い初心者向けコンデジ」なのかも。
ゴツくないので、カメラ女子が持ってても似合うね。

olyXz7a.jpg
XZ-1やLX5で困るのが、レンズキャップ。面倒っすよね。

コンデジにキャップが嫌で購入を見送っていたのですが、
OLYMPUSから自動開閉レンズキャップ(LC-63A)がリリース。


キャップのくせに3300円は高いけどね。



社外品との違いは、薄さ。
レンズバリア付のフツーのコンデジ感覚で使えます。




XZ-1は5月に入って、急に安くなりました。
各社から新機種のリリース時期が近くなったためと思われ。
今が買い時っす。


■XZ-1で撮った作例

yayoi126katsu6.jpg
テレ端・絞り開放で撮影。
被写体深度が浅く、コンデジにしては結構ボケます。

防水プロテクターが比較的安価なので、ダイバーに人気。
空の青、海の青は素直に出ます。

lirac1.jpg
照明暗めの飲食店でも、ノーフラッシュでそこそこ写る。
これ一台持っていけば、ブログ用途には困りません。


■以下のブログ記事の画像はすべてXZ-1で撮影しています

http://katamen.seesaa.net/article/271058129.html
九州最古のお寺 武蔵寺(筑紫野市)

http://katamen.seesaa.net/article/271061907.html
標高258mの低山ハイキング:天拝山(筑紫野市)

http://katamen.seesaa.net/article/270898062.html
住吉神社へ散歩(ポップアートで撮ってます)

http://katamen.seesaa.net/article/274553436.html
ぶらり史跡散歩:生の松原〜元寇防塁〜長垂公園〜長垂寺

http://katamen.seesaa.net/article/270401252.html
大右衛門うどん 大佐野店 (太宰府市)

http://katamen.seesaa.net/article/273188392.html
春陽軒(箱崎):パラっとした仕上がりが魅力の焼き飯。


■良い点
・テレ端まで明るいズームレンズ
・明るいだけでなく、テレ端でも画質低下が少なく、全域で解像感が高い
・RAW撮りできる
・自動開閉レンズキャップを付けると、普通のコンデジと同じ扱いができる
・NDフィルター内蔵は便利


■イマイチな点
・起動速度は合格。AF速度は中庸。電源OFFが少し遅い。
・カスタムが1種類しか登録できない
・ボタンの細かなカスタマイズができない
・バッテリーは本体にUSBケーブル直結で充電という謎仕様
・のっぺりしているので、グリップ性はもう一歩
・動画はおまけ程度


一言でまとめると、惜しい!惜しいな〜、XZ

詰めが甘くて、残念な部分もあったりしますが、
使い込んでみようかなと思わせるレンズの素性のよさがあります。
あくまで個人的な官能評価なんですが、生モノを撮影したときに柔らかい描写をすると思います。

操作系の不満を解消するには使い分けしかないかな、と思います。
速写性や設定を細やかに変える操作を必要とする時は、素直にデジイチ使えってことでファイナルアンサー。

食べ歩きブログ用にメインで使っているカメラは
飲食店の雰囲気を壊さないことと、暗所での画質を重視して小型のミラーレス機なんですが、
ケースに応じてXZ-1も併用しながら、食と旅の記録をしていきたいと思います。

参考になったレビュー

XZ-1 公式サイト

■その他、人気の高級コンパクト機








るんるん

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:デジカメ
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング