2012年06月05日

神戸元町辰屋の神戸牛 味噌漬:神戸ビーフの味噌漬でステーキ丼♪


tatsuyaMiso1.jpg
るんるん辰屋の神戸牛 味噌漬のステーキ

久々にS級グルメな日記です。
日本三大和牛といえば、神戸ビーフ、松阪牛、近江牛。
神戸牛味噌漬は神戸牛の旨味を老舗「石野味噌」の白味噌で凝縮した逸品。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)

モニプラで再びご縁がありまして、辰屋さんの神戸ビーフ試食の機会をいただきました。
神戸ビーフでしゃぶしゃぶはホントに美味しかったので、今回の味噌漬も楽しみです♪

神戸元町辰屋ファンサイト参加中

tKobegyu2.jpg
お肉は宅配のクール便で届きます。

tKobegyu4.jpg
神戸牛の証明書。ロット番号も明記されています。

tKobegyu5.jpg
日本を代表する高級牛、神戸牛。
神戸ビーフと呼ばれる肉は厳しい基準をクリアしたごく一握りのものを指します。

辰屋では牛肉のトレーサビリティーが確立しており、安心して食べられます。
辰屋の「安全+安心」宣言 〜辰屋の神戸牛は全頭検査済みです〜

tatsuyaMiso3.jpg
箱を開けると、味噌漬けの大きな器が出てきました。

辰屋の神戸牛 味噌漬

今回のお肉はこちら。
辰屋の神戸牛 味噌漬です。

白荒味噌に、ステーキ用のロース・ランプ肉を丁寧に漬け込んだ逸品。
生類憐れみの時代にあっても、食通たちがこっそりと愛好していた品だったそうな。
戦国時代には将軍家への献上品として用いられていました。

tatsuyaMiso4.jpg
宅配便で届いてから、冷蔵庫で3日間寝かせました。
3日間の間に味噌が牛肉に浸透し、牛肉の旨味が凝縮し、熟成されるとのこと。

蓋を開けると、お味噌がたっぷり詰まってます。
京都の老舗「石野味噌」の白味噌です。
上品な香りで、冷蔵庫に入れても他に干渉しなさそう。
http://www.ishinomiso.co.jp/

tatsuyaMiso5.jpg
味噌を掘ると、中から神戸ビーフのステーキ肉がザクザク出てきます♪
神戸牛ならではの美しいサシの模様。
お肉が味噌に漬かることで熟成し、深い赤色に変わってます。

ロースとランプ肉。
舌触りの違う二種の肉がセットされてるのは嬉しいです。
今回は500gパックには、ステーキが4枚も入ってました。


最初の一枚目を焼肉用のグリル(脂が溝から落ちる)で焼いてみました。
辰屋さんによると、炭火でじっくり炙るのがベストとのこと。
(フライパンは使わないのが吉です)

味噌も一緒に炙って、焼き上がりのときに上に載せてみました。
味噌の香ばしい香りと、肉の焼けるジュージュー音が食欲をそそります。

tatsuyaMiso6.jpg
まずは普通にステーキ皿に盛って、いただきました。
あっさりした白味噌ですが、染みこむことで肉の旨味を凝縮。
味噌由来の優しい旨味がプラスされてます♪
塩気が肉に染みこんでいるため、味付けは不要です。

うおっ。すんごいジューシーなお肉るんるん
神戸ビーフならではのコクがあって、甘い脂身。
口の中でトロけます。

tatsuyaMiso6b.jpg
ほどよく塩気があるので、ビールとの相性も抜群るんるん
グイグイとジョッキが進みます。

tatsuyaMiso7.jpg

ぶ厚いステーキの塊を豪快に鉄板焼します。

tatsuyaMiso8.jpg
どういう食べ方をしようか5秒考えて、肉にはやっぱりご飯が一番と結論るんるん
ラーメン用のどんぶりを覆い尽くす、でっかい神戸牛のステーキ。

ステーキ丼史上、もっとも幸せな丼に違いありませんっ。

tatsuyaMiso9.jpg
表面をしっかり炙っても、お肉が厚いのでミディアムレアです。

味噌と肉とご飯。
素材がいいので、そのままで食べるのが、一番。
なんと贅沢なんでしょう^^

柔らかい神戸牛の塊にかぶりついては、丼めしを夢中でかきこむ。
味噌の塩気と神戸ビーフの旨味でどんどんご飯がすすみます。

好きなものを、好きな方法で、好きなだけ食べる。
これぞ、至福の孤独時間。

いやはや、今回も大満足♪
肉好きな人がギフトで神戸牛をもらったら、間違いなく喜ぶと思いますよ。
神戸ビーフ、また食べたいナ。

神戸牛の通販「辰屋」

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:兵庫県
posted by ニシヒロシ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニタ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング