2012年06月18日

春陽軒(箱崎):パラっとした仕上がりが魅力の焼き飯。


shunyouken1.jpg
焼き飯550円 スープ150円

【地図】

昔ながらの街の中華料理屋で食べる、パラ系焼き飯。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


この日は所用で箱崎へ出かける。
お昼時なので、ここいらでランチしようっかな。

shunyouken0.jpg
八度邀(ぱっとうやお)の数軒隣の春陽軒。
いかにも昭和のお店のオーラに惹かれる。

shunyouken0k.jpg
ラーメンもちゃんぽんも安いな^^

shunyouken2.jpg
麺気分じゃないので、焼き飯をオーダー。
ベテラン職人のオーラ全開のお父さんが中華鍋を振っている。
これは期待ですますゾ。
周りの人もほとんどが焼き飯(&皿うどん)を食べていた。笑

見た目から分かるようにパラパラの仕上げ。8
具材に刻みカマボコが入ってたり、タレの味付けはラーメン屋の焼き飯なんですが
パラ具合は本格中華のチャーハンにも負けていない。
味付けは薄くもなく、濃くもない中庸な路線。
他のメニューと一緒に組合わせてもおいしい。
刻みチャーシューの代わりにミンチが入ってます。

shunyouken3.jpg
米だけでは寂しかったので、スープ(150円)を頼んでみました。
あはは、こりゃあラーメンの麺抜き状態だね。笑
オールドファッションなチャーシューと海苔が浮かんでます。

ラーメン屋っぽいのに、ラーメン以外をオーダーする客が多いお店でした。
ナンチャーない感じにホッとします。


■春陽軒
福岡市東区箱崎1丁目34-9
○TEL:092-641-2451
○営業時間:11:00〜19:30
○定休:毎週月曜、第3火曜日

8


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:福岡市東区
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。