2012年02月18日

辰屋の「神戸牛しゃぶしゃぶ肉 特選ロース」:神戸ビーフでしゃぶしゃぶ&すき焼き


tKobegyu1.jpg
辰屋の「神戸牛しゃぶしゃぶ肉 特選ロース」

神戸ビーフでしゃぶしゃぶとすき焼を作ってみました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


たまにはS級グルメな素材の話題も。
モニプラでご縁がありまして、辰屋の神戸牛の試食の機会をいただきました。

神戸元町辰屋ファンサイト参加中

tKobegyu2.jpg
お肉はクール宅急便で届きました。
中には大きな保冷剤が入っておりしっかり肉の鮮度を守っていました。

tKobegyu3.jpg
笹の葉に包まれたお肉。高級感があります。

tKobegyu4.jpg
神戸牛の証明書。ロット番号も明記されています。

tKobegyu5.jpg
日本を代表する高級牛、神戸牛。
神戸ビーフと呼ばれる肉は厳しい基準をクリアしたごく一握りのものなんです。

トレーサビリティーも確立しており、安心して食べられるお肉です。
辰屋の「安全+安心」宣言 〜辰屋の神戸牛は全頭検査済みです〜

tKobegyu6.jpg
さっそく、開封♪
どや、キレイな肉やろ^^
サシの模様に美しさすら感じてしまう黒ハート
100gあたり2100円はダテじゃない。

tKobegyu7.jpg
シンプルに昆布ダシを取った鍋でいただきます。

tKobegyu8.jpg
軽〜くしゃぶしゃぶ♪

tKobegyu9.jpg
箸を通じて、なんとも柔らかい肉の感触が伝わってきます。

tKobegyu10.jpg
プレミアムなお肉は、プレミアムなビールと一緒にいただきます。

tKobegyu11.jpg
余分な脂身が鍋に落ちて、肉が軟らかく引き締まっているのが見てとれます。
食感は大変柔らかく、噛まなくても口の中でとろけていきまするんるん

神戸牛は脂が甘く、コクがあります。ガチでうまい。
たくさんサシが入っているのに、後味のクドさがないのも魅力。
野菜や豆腐と一緒に食べると、よりおいしさが増します。


tKobegyu12.jpg
夢中でしゃぶしゃぶを食べて、気づいたらお肉が最後の一枚。
せっかくの神戸牛を一つの食べ方だけで終わらせてはモッタイナイので、
すき焼きも作ってみました。


まずは鍋で神戸牛をしっかり焼いてから、味付けします。

tKobegyu13.jpg
味の染みこんだ脂身の感じがもう堪らないるんるん
すき焼きにすると、神戸牛の脂身の甘みがより一層強調されます。
一口目は、肉というよりも、スイーツのように感じてしまうほど。
焼いても柔らかさは保ったままです。

この肉一枚でご飯3杯食べられます。
わりしたに神戸牛の脂の旨味エキスが溶け出しているので、
鍋の後に麺を入れてすき焼きうどんを作ってもおいしそう。

いやあ、満足満足♪
肉好きな人がギフトで神戸牛をもらったら、間違いなく喜ぶと思います。
いつかまた食べたいナ。


【神戸牛しゃぶしゃぶ肉 特選ロース】
100gあたり2,100円(税込)、400g(8,400円)からの販売です。
※100g単位の量り売りに対応しております。
★★★送料無料★★★
↓詳細はこちら↓
http://www.kobebeef.co.jp/shop/shabu-roast.html

神戸牛の通販「辰屋」

辰屋の「神戸牛 鋤焼」【2名様にプレゼント】

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:モニター
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モニタ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング