2011年11月20日

サントリー九州熊本工場:プレモル特別セミナーを受講してきました。


福岡ソフトバンクホークス、日本一おめでとうございます^^
さあ、今夜は祝杯あげるんダ!

premaltstk0.jpg
るんるんるんるんザ・プレミアムモルツ

【地図】

阿蘇の天然水が磨き上げた九州産のザ・プレミアムモルツ。
そのウマさのヒミツを工場に行って確かめてきました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ

pre.jpg
プレモル特別セミナー実施レポート

第五回プレモル特別セミナーに運良く当たったので、参加してきましたグッド(上向き矢印)
工場見学、プレモル講座、特別講演に、お楽しみの食事会あり。
プレモルを知って、飲んで、大いに楽しんでよさを広めようというイベントです。
※詳しいことは公式サイトをご参考に。

premaltstk2.jpg
博多駅に朝7:30集合。貸切バスにて熊本へ。
バスの道中ではプレモルに関するミニ講座がありました。

premaltstk3.jpg
大粒のみを選りすぐった、二条大麦が原料。
麦芽のでんぷんが酵母の栄養となり、リッチなコクを生み出します。
実際にこの状態で食べてみると、香ばしくて、噛めば噛むほど甘みがでてきます。

premaltstk4.jpg
ビールの原料で有名なホップ。
これは実ではなくて、ホップの花なんです。
ビールにほどよい苦味と、華やかな香りをもたらします。

premaltstk5.jpg
工場にホップの見本が栽培されてました。
収穫時期をすぎているので、ちょっと枯れてます。

premaltstk6.jpg
サントリー九州熊本工場へ到着。
この日はあいにくの雨。

premaltstk30.jpg
工場の生産ラインは撮影できないので、パンフレットの画像で雰囲気だけでも。
サントリー九州熊本工場はビールだけでなく、清涼飲料も同時に生産できる最新鋭のハイブリッド工場。
九州・山口地方のプレモルは、この工場から出荷されているそうです。

premaltstk7.jpg
ビールの貯蔵タンク。
できたばかりの若ビールをしばらく寝かせて熟成させることで
プレモルの豊かなコクが生まれます。

premaltstk8.jpg
プレモルはモンドセレクション三年連続最高金賞(Grand Gold Medal)。
三年連続受賞したことで、殿堂入りしています。
今では北米でもプレモルが生産されていて世界で愛される本格ビアになりました。

premaltstk9.jpg
プレモル講座が開催されました。
お家でのプレモルのおいしい注ぎ方講座は役に立ちました。
もちろん工場でできたてのプレモルをいただきながら^^


プレモル講座で教わったプレモルのおいしい注ぎ方を動画で再現してみしまた。

キレイに洗ったジョッキを冷蔵庫で冷やしておきましょう。
ビールは5℃がベストな温度とのこと。冷蔵庫で5時間冷やすのが目安。
泡とビールの比率は3:7が黄金比率です。

元ホットドッグプレス編集長、山田五郎さんの特別講演は、
オーストリアのビール事情からはじまり、おいしいお酒をつくり出す<水にまつわるお話>。
山田氏の軽妙なトークであっという間の一時間でした。


premaltstk10.jpg
そして本日のメインイベント。笑
工場に併設された「ビアレストラン ビールの森」で昼食会です。
博多・佐賀・長崎・熊本から選ばれた100名が一堂に会しての宴会です。
サントリー流の乾杯のかけ声「スコール」の三唱で幕が開きます。


ザ・プレミアムモルツ 樽生。
きめ細かい泡のクリーミーさ。
麦、ポップ、阿蘇の天然水だけで作られた本格派ビアならではのリッチな味わい。

・プレミアムモルツ 製法へのこだわり
http://www.suntory.co.jp/beer/premium/quality/method.html

premaltstk13.jpg
工場できたての生ビール。フレッシュ感がハンパないるんるんるんるん
スルスルスル〜と喉の奥に吸い込まれていく感覚。
いつものプレモルもウマいけど、わざわざ熊本まで工場見学に来た甲斐あります。

premaltstk12.jpg
熊本の水で作られたプレモルに合わせるのは、もちろん熊本のウマいもん。
めちゃ贅沢なビュッフェに思わずヨダレが。

premaltstk14.jpg
前菜は馬タンスモーク、しめ鯖かまぼこ、辛子レンコン。
のっけから熊本ならではの食材です。

premaltstk1.jpg
るんるんなんといってもメインはお肉。
熊本産赤牛のステーキ。ジャポネソースでサッパリ。
脂肪が少ないのに、肉はやわらか。モチのロンでお代わりしまくりです。笑
味が強めなお肉と合わせても、ボディがしっかりしているプレモルは負けません。

スモークサーモンのカルパッチョ風。
プレモルの華やかな香りと燻製のよき香りのハーモニー。

premaltstk15.jpg
るんるんカニ身とアスパラのトマトクリームパスタは人気No.1メニューだとか。
カニの風味がきいたクリームが甘旨い。

premaltstk16.jpg
阿蘇産ソーセージはドイツのコンクールで金賞をとったそうな。
本格ビアと本格ソーセージ。そのどちらも阿蘇生まれ。いい時代になりました。

premaltstk16b.jpg
ザ・プレミアムモルツ黒生もいただきました。
黒ビールにありがちなムオっとくる嫌な感じがなくて、飲みやすい黒ビールでした。

premaltstk11.jpg
食事の途中にはクイズ大会のアトラクションもあり。
うちのチームは5問中4問正解で2位。惜しいっ。

premaltstk17.jpg
熊本産牛肉のヒール煮込みは、お肉たっぷりのビーフシチューでした。

premaltstk18.jpg
御船町の寄せ豆腐。夏はこういうおつまみでビールを飲みたい。

premaltstk19.jpg
るんるん熊本名物 タイピーエンも登場。
熊本地鶏、天草大王の鶏ガラで出汁をとったスープが滋味ウマ。
これはもう一回食べたいな。

premaltstk20.jpg
デザートはブルーベリーの入ったフルーツゼリーとケーキ。

料理もデザートも大満足。
プレモルは味がしっかりしているので、
味の濃い料理にも合わせられるビールということが分かりました。

premaltstk21.jpg
帰りがけに工場のショップを見学。
竹内結子様も先日、熊本工場を見学されたそうです。
その時に試食して気に入ったのが、樽燻スモークベーコンだったそう。
ウイスキー樽を薪にして燻製したベーコンは香りがいいみたい。

premaltstk22.jpg
限定販売でこんなかわいいマグも。

premaltstk23.jpg
お土産でマイジョッキ、ゲットだぜ。
プレモル大使に、俺はなる!


・サントリー九州熊本工場の通常の工場見学のご案内はこちら
http://www.suntory.co.jp/factory/kyushu-kumamoto/index.html

■サントリー九州熊本工場
熊本県上益城郡嘉島町北甘木478 ビアレストラン ビールの森

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:熊本県
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング