2011年11月03日

明石城〜明石焼 松竹:あいたい兵庫・グルメブロガー旅行記13


hyoTamagoy1.jpg
るんるん玉子焼 一人前 (小玉15個) 600円

明石城を散歩した後は、明石焼の老舗でふわふわの玉子焼を堪能。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ



hyoAkashijo2b.jpg
ランチの後はお城観光へ。

hyoAkashijo5.jpg
やってきたのは日本の名城100選にも選ばれている明石城。
駅からもバッチリ見える明石のシンボルです。

ひらめきお城の由来を知りたい方はこちらに情報があります。
明石城ができた理由は?

hyoAkashijo2.jpg
お城は明石公園として整備されております。

hyoAkashijo3.jpg
この日は盆栽とお花の品評会が開催されてました。

hyoAkashijo4.jpg
あは。こんなとこにもタコさんが。

hyoAkashijo6.jpg
日時計がカブトでした。

hyoAkashijo7.jpg
お城といえば階段です。
ウォーキングしてカロリー消費します。

hyoAkashijo8.jpg
ふぅ〜。ひとやすみ、ひとやすみ。

hyoAkashijo1.jpg

hyoAkashijo9.jpg
なかなかの眺望。

hyoAkashijo10.jpg
明石の街を一望。
明石大橋もバッチリ。天気が良いと、小豆島、四国も見えそう。

hyoAkashijo11.jpg
本丸は現存していません。

hyoAkashijo12.jpg

hyoAkashijo13.jpg
かつてお城があった場所は芝生の公園広場になってました。
柿本人麻呂の塚も場内にありました。

hyoAkashijo14.jpg

hyoAkashijo15.jpg

hyoAkashijo16.jpg
リフレッシュできました。


大きな地図で見る
明石城



hyoTamagoy2b.jpg
ふたたび魚の棚へ。
播磨コナモンクエストもいよいよ、最終章に突入です。
明石を歩くとそこら中に明石焼のお店があります。

hyoTamagoy3.jpg
地元では玉子焼と呼ばれているそうです。

hyoTamagoy4.jpg
お好み焼き道場。

hyoTamagoy5.jpg
たこ磯。

hyoTamagoy6.jpg
僕が訪れたのは玉子焼専門店 松竹。
明石でも老舗の名店と聞いたので。

hyoTamagoy7.jpg
小さなお店ですが、お客さんが次々にやってきて活気があります。

hyoTamagoy8.jpg
玉子焼一人前は小玉が15個。ボリュームはかなりのものです。
焼く際にごま油を使っているらしく、香ばしいイイ香り。

hyoTamagoy9.jpg
出汁はかつおと昆布。松茸の香りもほのかに。
じんわりと染みる滋味系の出汁です。
薬味に三つ葉が浮かべてあります。

明石焼はふわふわ、とろーりとしております。
そしてタコのプルルンとした弾力感がたまりませんるんるん

ソースがテーブルに置いてあるので、12個は出汁で食べて、
残り3個くらいをソースで食べている人を散見しました。

味付けはしっかりしてるのでビールのつまみにもピッタリ。
また食べに来たいお店です。


大きな地図で見る


■松竹
兵庫県明石市大明石町1-5-9 錦江会館
○TEL:078-912-0091
○営業時間:11:00〜20:00
○定休:水曜(祝日の場合は翌日)

aitai.jpg
「あいたい兵庫キャンペーン2011」公式サイトはこちら
http://www.hyogo-tourism.jp/aitaihyogo_2011/

スポンサード リンク

スポンサード リンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング