2011年11月02日

あなご 箱ずし:菊水鮓(明石)〜魚の棚〜たこコロッケ:あいたい兵庫・グルメブロガー旅行記12


hyoSushi1.jpg
るんるんあなご 箱ずし 1260円

関西の老舗寿司店であなごの箱ずしをお持ち帰り。
明石大橋を眺めながらのシースーランチは気持ちイイ♪
その後は、魚の棚(うおんたな)を散策。噂のB級グルメを買い食いダ。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ



hyoSushi2.jpg
JR東加古川駅からJR明石駅へ。
日本標準子午線の街、明石市へやってきました。

hyoSushi3.jpg
どこかで見覚えのあるヒトがお出迎え。

b-1hime.jpg
明石焼きはB-1グランプリ in 姫路 (11/12〜13)で大注目のメニューです。
http://www.b1-himeji.jp/

hyoSushi4.jpg
さっそく街を歩いてみましょう。
商店街が街の中心にあります。

hyoSushi5.jpg
こちらは明石を代表する和菓子の老舗、藤江屋分大さん。

hyoSushi6.jpg
最初の目的地、菊水鮓 (きくすいずし)へ到着。

hyoSushi6b.jpg
お昼時だったため、すでに満席でした。
店内でお食事されるなら、ぜひとも予約しておきたいところ。

hyoSushi7.jpg
僕はお持ち帰りだったので、大丈夫でした。
10分少々待たせていただいて、菊水鮓の名物「あなご 箱ずし」をゲット。

hyoSushi8.jpg
港で明石大橋が見ながらランチします。
開けた瞬間に穴子の甘い香りと、上品な酢飯の香りが漂ってきました。

素材とシャリをぎゅっとするのが箱ずし。
穴子はフワフワというよりも、旨味がぎゅっと凝縮した形になってます。
上品なタレがかかった穴子と、酢飯の一体感が素晴らしいるんるん
これは明石に来たら、一度は食べておきたい名物です。



大きな地図で見る

菊水鮓 (きくすいずし)
兵庫県明石市桜町11-26
○TEL:078-911-3513
○営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
○定休:木曜



hyoSushi9.jpg
明石の中心となる商店街、魚棚。
魚の棚は地元では「うぉんたな」と発音するみたい。

hyoSushi10.jpg
タコのモチーフがそこかしこに。

hyoSushi11.jpg
鮮魚が売りの商店街です。

hyoSushi12.jpg
なんと言っても、明石前でとれたてのタコが名物。
明石海峡は潮流が早い。その環境で育ったタコは身が締まってるからおいしい。

hyoSushi13.jpg
これは干しダコ。

hyoSushi14.jpg
あなご、明石鯛も有名です。

hyoSushi15.jpg
とーれとれ、ピーチピチ♪



hyoSushi16.jpg
子供たちにごっつ人気なこのヒトは、

hyoSushi17b.jpg
困ったときのタコだのみ。

hyoSushi17.jpg
蒲鉾屋さんの店頭で揚げたての魚天が売られています。
アツアツでうまそーやな。

hyoSushi18.jpg
これが明石で噂になっている、たこコロッケ(120円)。

hyoSushi19.jpg
すぐに食べますと言ったら、揚げたてのをわざわざ持ってきてくれました。
おばちゃん、ありがとな。

hyoSushi20.jpg
見た目は普通のコロッケですが、中にはタコの身と下足がごっつり入ってます。
カレーコロッケのようにほんのりポテトに味がついてます。
そう、タコの出汁が芋にしてみてて、ごっつウマいのでするんるん
個人的にたこコロッケはツボでした。

■ハセ蒲鉾

ひょうごツーリズムガイド

aitai.jpg
「あいたい兵庫キャンペーン2011」公式サイトはこちら
http://www.hyogo-tourism.jp/aitaihyogo_2011/

スポンサード リンク

スポンサード リンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング