2011年10月29日

幻の中華そば 加藤屋にぼ次朗:近江路・仏女ブロガー旅紀行10


oumiNibojiro1.jpg
にぼ次朗らーめん(200g) 680円

滋賀の二郎系らーめん、スープはなんと煮干し。
学生に人気の行列のできるラーメン屋でした。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


oumiNibojiro2.jpg
信楽から貴生川、草津で乗り換えて、JR南草津へとやってきました。

oumiNibojiro3.jpg
ジロリアンのみなさまお待たせしました。
お目当ては滋賀でしか食べられない二郎系らーめん、
幻の中華そば 加藤屋にぼ次朗です。

oumiNibojiro4.jpg
らーめんは麺量関係なく680円♪
店内にはヤンガーな大学生男女で溢れかえってました。
外での並び待ちも当然のようです。

基本形のにぼ次朗らーめん(200g)をオーダー。
麺がゆであがるタイミングで店長さんに味のカスタムをどうするか訊かれます。
野菜マシ、脂マシ、味濃いめなど自分の好きな味付けにしてくれるわけです。
僕は「野菜マシのみ」で。

oumiNibojiro5.jpg
野菜の盛り加減は「マシ」で「並」の感覚。
もやしの上にはチャーシューと煮干し。
さらに刻みニンニクと一味がふりかけられてます。

加藤屋にぼ次朗の特徴はスープ。
煮干しがきいた醤油スープです。
味の濃さはノーマルでほどよい塩梅だと思います、

oumiNibojiro6.jpg
麺は太麺ですすりがいがあります。
固麺すぎず、食べやすい茹で加減でした。

お腹が減っていたので、余裕をもっての完食。
ごちそうさまでした。


大きな地図で見る

■幻の中華そば 加藤屋 にぼ次朗
滋賀県草津市野路1丁目12-23
○営業時間:11:30〜15:00 / 18:00〜24:00(定休日前日は22:00まで)



butujoLogo.jpg

10回に渡って連載してきました、近江路・仏女ブロガー旅紀行
これにて終了となります。

旅の準備をお手伝いいただいた滋賀県観光交流局のみなさま、JTBさま、
旅路で一緒だった仏女ブロガーのみなさま、
訪問したお寺や宿のスタッフの皆様には大変お世話になりました。

そして、長い連載を読んでくださった読者のみなさま。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

この日記がいつか近江路を旅する人のお役に立てば幸いです。
僕は今回の旅で時間の都合で行けなかった場所、
食べそこなったメニュー、新たに見たい仏像がたくさんできたので、
また滋賀県を訪問すると思います。

滋賀県観光情報 公式HP

なんだかんだで一番役に立ったのは滋賀県の公式観光サイトでした。
寺社だけでなくあらゆる観光情報をカバーしており、地図などの必要情報へもアクセスしやすい。
近江の仏像を見に行かれる際にはぜひ活用してみてください。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近江路・仏女ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。