2011年10月26日

大津プリンスホテル スカイフロア・EIZANの滞在者限定♪EIZANの朝ごはん@和食 清水:近江路・仏女ブロガー旅紀行6


oumiPrincem1.jpg

黒ハートスカイフロア・EIZANの滞在者限定の朝ご飯。
信楽焼の土鍋で炊きあげる近江米は最高の贅沢。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


oumiPrincem2.jpg
広いベッドでぐっすりと熟睡。
スカイフロア・EIZANの部屋から眺める朝の琵琶湖。

oumiPrincem3.jpg
今日は朝のうちに大津の街を散歩してみよう。

oumiPrincem0.jpg
朝ご飯は大津プリンスホテルの36Fの和食「清水」へ。

oumiPrincem5.jpg
琵琶湖が一望できる素晴らしい席に案内いただきました。感謝。

oumiPrincem6.jpg
今日も快晴。さわやかな朝です。

oumiPrince52.jpg
朝ご飯はスカイフロア・EIZANの滞在者限定の特別朝食「EIZANの朝ごはん」。

oumiPrincem4.jpg
客の来店時間に合わせて米を土鍋で炊き上げて供するというこだわりようグッド(上向き矢印)
そのため宿泊時に時間予約が必要となります。

oumiPrincem7.jpg
まずは野菜ジュース。
本物の野菜をジューサーで絞ってます。
新鮮野菜ジュースはトマトとフルーツ、そしてセロリのスパイシー感。
サラダを食べている感覚のおいしい一杯。

oumiPrincem8.jpg
ほどなくして信楽焼の土鍋が登場。
私のためだけに炊かれた近江米です。
お茶碗五杯分くらい入ってます。
つやつやとした銀しゃりに思わずうっとり。生きててよかった。
ああ、なんという幸せグッド(上向き矢印)

炊き加減はすべてがジャスト。土鍋で炊くとやっぱりウマさが違う黒ハート
米はふっくらとして、粘りがつよく、甘みのキレがよくさっぱりした味わい黒ハート
近江米は近年高級料亭でも使われていますが、これを食べれば納得。

oumiPrincem9.jpg
お重をあけてみます。朝からお正月気分です。

oumiPrincem10.jpg
漬け物がいちいち全部ウマいるんるん
これだけでご飯三杯いける。

oumiPrincem11.jpg
和出汁は滋味なる旨味。

oumiPrincem12.jpg

oumiPrince50.jpg
琵琶湖のしじみの佃煮の天然の旨味が凝縮してまするんるん
ごはんが止まらないっ。

oumiPrincem13.jpg
一目見て思った。ええ鮭つこてはるは。
滋賀県産地鶏玉子のだし巻きはふんわり、ふわふわ。
滋味な味付けは我がツボるんるん
口直しの生姜も名脇役として控えています。

oumiPrince51.jpg
ごはんのお代わりが止まらない。

oumiPrincem14.jpg
滋賀県産お野菜たっぷりの田舎風味噌汁はこれだけでもおかずになります。
結局、朝からごはん三杯半いただいちゃいました。
土鍋炊きの近江米は最高のご馳走でした。

oumiPrincem15.jpg
メロンを食べて、ほっこり。
もう今日一日がこれで終わりでも悔いがない。笑
一見シンプルな和食に見えますが、素材と調理法は極上でした。
ごちそうさまです。

 またいつか 食べに来たいな 特別朝食

大津プリンスホテルに泊まられる場合は、フロントで『仏女ブログを見て泊りに来た』旨をぜひお伝えてください。


oumiPrincem16.jpg
さて、名残惜しいですがそろそろ出発の時間です。
今日は石部宿と甲賀と信楽をぶらりと旅するのです。

oumiPrincem17.jpg
ホテル1Fにはコンビニ・売店が併設されています。
ビールが買えて便利。滋賀のお土産も揃ってます。

oumiPrincem18.jpg
大津プリンスホテルのすぐ近くにミシガン乗り場もあります。

oumiPrincem19.jpg
ありがとう、大津プリンスホテル。またいつの日か。

oumiPrincem20.jpg
ホテルの前には琵琶湖の雄大な景色が広がっています。





大きな地図で見る

大津プリンスホテル 公式
滋賀県観光情報 公式HP

スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近江路・仏女ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング