2011年10月25日

美冨久酒造で酒蔵見学〜立ち呑み 雷恩(大津):近江路・仏女ブロガー旅紀行4


oumiShuzo0.jpg

名刹巡りの後のお楽しみ。
滋賀のお米で作る地元の日本酒の蔵を見学。

大津の立ち呑みの話題もあるよ。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


oumiShuzo1.jpg
バスツアーの最後に仏女ブロガーが向かったのは、甲賀市にある美冨久酒造。
明治時代に建てられた蔵を今でも使っている伝統ある酒蔵です。

oumiShuzo2.jpg
ツッコミどころは色々とございますが、立派なタヌキン様がお出迎えです。

oumiShuzo3.jpg
どことなく大正ロマンを感じさせる。

oumiShuzo4.jpg
酒蔵の中の集会所で説明を受けます。

oumiShuzo5.jpg
美冨久酒造の偉い人です。
日本酒コンクールで金賞を受賞したお酒はこちら。

oumiShuzo6.jpg
「美冨久 大吟醸極」です。
後でちょこっと試飲させていただきましたがバリうまです。

oumiShuzo7.jpg
いよいよ蔵見学。
7000リットル級の巨大なホーロー樽では日本酒を貯蔵しています。
総貯蔵量はかなりの量です。

oumiShuzo8.jpg
日本酒の原料となる山田錦を蒸しあげる機械です。

oumiShuzo9.jpg
山廃仕込みの製法。

oumiShuzo10.jpg
地下にも貯蔵施設があります。

oumiShuzo11.jpg
これは純米吟醸専用の樽です。
繊細な温度管理が必要になため、仕込み時には杜氏がつきっきりなんですと。

oumiShuzo12.jpg

oumiShuzo13.jpg
蔵の中の特別な小部屋。

oumiShuzo14.jpg
よくテレビで上半身裸の男たちが米をこねる場面をみますが、
そのためのお部屋です。蒸し上がった米を人力で運ぶのが大変な作業のようです。

oumiShuzo15.jpg
仕込みに使っているのは山田錦と数種類のお酒用に作られた品種のブレンド。
いずれも滋賀県産。文字通りの地酒です。

oumiShuzo16.jpg
やっとお楽しみの試飲会タイム。
「美冨久 純米吟醸 山廃仕込み」をいただきます。

oumiShuzo16b.jpg
るんるん山廃らしくフルーティーな口当たり。
ボディはしっかりしていて、芳醇な味わいも。
「お酒は飲めません」と言ってた仏女のみなさまもクイクイといってました。

oumiShuzo17.jpg
有意義だったバスでの湖南巡りツアーもこれにておしまい。
あざやかな夕日がとてもきれいでした。


大きな地図で見る

■美冨久酒造
滋賀県甲賀市水口町西林口3-2

美冨久酒造
美冨久酒造ブログ



oumiShuzo19.jpg
大津駅でバスを降りました。あたりはすっかり夕闇。
さて、そろそろ飲み助の時間ですね^^

oumiLion1.jpg
大津駅のすぐそばに立ち呑みがあると聞いてやってきました。
「スタンド」と書かれた提灯を発見。きっとあそこだ。こういう時に鼻はよくききます。

oumiLion2.jpg
IZAKAYA 雷恩。これは好みの店に違いない。

oumiLion3.jpg
酒の肴は肉、魚とも豊富に揃ってました。
お値段は嬉しい立ち呑み水準。これなら毎晩飲みにこれる。

oumiLion4.jpg
うれしいことにワンコインセットもありました。
こいつで乾杯しよう。

oumiLion5.jpg
うぃーす。よく歩いた一日だったのでビールがめちゃうまい。

oumiLion6.jpg
関西で立ち呑みといえば、串揚げ。
揚げたてのアツアツ。分厚い肉の入った牛串で食べ応えありました。

oumiLion7.jpg
るんるん大好物の鶏肝の刺身。
とても新鮮で、クサみは全然ないです。
口に入れるとトロけてなくなります。
これはよき鶏刺。350円とめちゃ安い。

軽く一杯やったところで〆。えっ、早いって?
だって、この後は大津プリンスホテルでステーキ食べなアカンのやもん^^



大きな地図で見る

■IZAKAYA 雷恩(らいおん)
滋賀県大津市梅林1-3-25
○TEL:077-524-1069
○営業時間:17:00〜23:00
○定休:日曜・祝日

滋賀県観光情報 公式HP

スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近江路・仏女ブロガー旅紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング