2011年09月26日

第6回 太宰府 古都の光。梅ヶ枝餅の中村屋もあるょ。


kotonohikari13.jpg
るんるん第6回 太宰府 古都の光

【地図】

大宰府政庁に火の鳥が降臨。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ


kotonohikari2.jpg
9月25日、太宰府にやってきました。

kotonohikari3.jpg
いつもの参道に、今日は灯籠が置かれていました。

kotonohikari4.jpg
とりあえずまあ、参道スイーツです♪人気の梅ヶ枝餅屋の老舗、中村屋。じいちゃんは今日も元気に餅を焼いてはりました。

kotonohikari5.jpg
るんるん皮の表面がさっくさく。モチモチっとした食感も残してあるのが中村屋。焼きたての梅ヶ枝餅(105円)はちかっぱうまかぜ。

kotonohikari6.jpg
毎月25日は限定でよもぎ入りの梅ヶ枝餅が発売されてます。おっ、今日はたまたまその日やん。てなわけで、はじめてよもぎを食べてみました。別の店のを買ったら、おもいっきりお団子ちっくな味わいでした。抹茶に合いそう。

kotonohikari7.jpg
三大天満宮の一つ、太宰府天満宮です。いつ来ても受験生や修学旅行生がいます。

kotonohikari8.jpg
ここでも復興への願いを集めていました。

kotonohikari9.jpg
太宰府天満宮脇の細い道を右手に入っていくと

kotonohikari10.jpg
光明禅寺があります。紅葉の名所。この秋も石庭でなごみたいな。


kotonohikari0k.jpg
この日は第6回 太宰府 古都の光(9月25日(日)18時15分〜21時まで)を見物にやってきていたのでした。

kotonohikari11b.jpg
大宰府政庁跡の会場へとちょっくら移動です。

kotonohikari12.jpg
会場とその周囲の道は灯籠が並べられてます。

kotonohikari14.jpg
ひときわ目立つこの光のオブジェはなにかな。

kotonohikari16.jpg
道行く人はみんな見入っています。

kotonohikari15.jpg
朱雀です。暗闇に煌煌と浮かび上がる姿は、火の鳥をおもわせた。

「先日の震災で亡くなられた方々の鎮魂と震災の復興を願い、またわたし達の
未来への希望をのせて大宰府政庁跡から朱雀を灯明で描き、飛立たせたいと
願っています」と制作者の斉藤さん。

kotonohikari18.jpg
とても優しい光でした。

kotonohikari17.jpg


■第6回 太宰府 古都の光


スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:太宰府市
posted by ニシヒロシ at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。