2011年04月23日

Hafa Adai!GUAM 【島内観光 後編(ハガニア地区)】5


hafa5-1.jpg
T.G.I.フライデーズ

アメリカンなレストランでブュッフェ・ランチ。
グアムの歴史地区・ハガニアを観光しました。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
更新の励みにしています。一日一回の応援クリック、ありがとうございます('-'*)


hafa5-7.jpg
島内観光ツアーはランチ付でした。ラッキー♪お店はT.G.I.フライデーズでした。日本にも支店があるね。

hafa5-5.jpg
ベタなアメリカン・レストランです。

hafa5-6.jpg
ランチはブッフェ形式でした。観光バス3台分のお客がどっと並んだので、食べ物がすぐになくなってしまいました。補充されるのに、時間がかかってました^^;

hafa5-3.jpg
とりあえずステインラガービアを頼んで、速攻で食べ物ゲットだぜ。

hafa5-2.jpg
ビーフステーキ、白身魚フライ、ライス、パスタ、サラダなど。味付けはアメリカのファミレスやねっ。肉は硬くて、米はパサパサ^^;とりあえず僕はビアさえあればいいのさっ。

hafa5-4.jpg
ガトーショコラは、ねっちょりと甘かった。


T.G.I.フライデーズ グアム・ハガニア店
178 West Soledad Avenue Hagatna, Guam, 96910
+1-671-477-8443


hafa5-9.jpg
昼食の後は、行政の中心地区であったハガニア地区を歴史散歩。ここ、ハガニア大聖堂バリシカはグアムのカトリック信仰の中心地。ローマ法王もかつてこの地を訪れた。

hafa5-11.jpg
キオスコはスペイン統治時代に野外音楽堂として使われていたそうな。

hafa5-10.jpg

hafa5-12.jpg
旧スペイン総督邸跡です。

hafa5-13.jpg
チョコレート・ハウスはスペイン総督府時代に社交場として使われました。熱いチョコレートドリンクを総督の賓客に出したことが建物の名前の由来です。米領となってからもこの風習は引き継がれ、社交場として長いこと機能していたそうです。

hafa5-14.jpg
不思議な石群の遺跡、ラッテストーン。宗教儀式に使われていたとか、宇宙人の遺産だとか諸説ありますが、

hafa5-15.jpg
高床式住居の土台部分というのがグアムの歴史家の見解です。グアムの各所で似たような群石が発見されているそうな。僕にはド○モダケ・ストーンに見えて仕方ないのだが。笑

hafa5-16.jpg
公園の脇には旧日本軍が遺した防空壕の遺跡があった。

hafa5-18.jpg
バスに乗り、最後に向かったのはアプガン砦。

hafa5-19.jpg
チャモロ族の大反乱(1800年頃)に対し、チロ総督率いるスペイン軍の拠点となった砦です。植民統治時代にチャモロ族の人口は1/20までに減った時期もあったそうです。

hafa5-20.jpg
アプガン砦からタモン湾のリゾート地区を見下ろしながら。過去に思いを馳せてみる。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タグ:グアム
posted by ニシヒロシ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Hafa Adai!GUAM グアム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197147009

この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング