2010年10月01日

家庭料理 黒ねこ(西中洲):隠れ家でいただくホタテ料理


kuroneko1.jpg
るんるん帆立貝のバター焼き(600円)

【地図】

帆立料理と自家製ベーコンの店。
いまだ知られざる西中洲の隠れ家を発見。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ 人気ブログランキングへ
↑記事が参考になったら、ポチっと♪応援よろしくお願いします('-'*)


今夜は「大人の街」「美食の街」として人気の西中洲へやってきました。食通の知り合いから「生のホタテから調理するホタテ料理の店がある」と教えていただきまして。帆立大好きなんです^^

kuroneko0s.jpg
静かな路地裏で一際異彩を放つ連SQUAREビル。和モダンでカッコイイ。こんなとこでデートしたら一目置かれるかも。

kuroneko0s2.jpg
静寂に包まれた通路を抜けていきます。お店に辿り着くまでワクワクです。

kuroneko0k.jpg
高級焼肉店の「游來 連SQUARE」さんと同じフロアです。立て看の類が一切ないのでひっそりした入口。2010.7にニューオープンしたばかり。店主の料理好きが高じて脱サラして始めた店だそうです。まだ開店から日が浅いのもあり、マスコミには未公開とのこと。ブログでも初公開♪

kuroneko0t.jpg
掘りコタツのテーブルが3席。うち1席は半個室。今日は掘りコタツのカウンター席に座りました。ビルはクール&モダンですが、店内はアットホームでくつろげる雰囲気です。

kuroneko2.jpg
看板メニューでもある「手作りベーコン」が気になったので実物を見せていただきました。ホントに手作りです。

kuroneko3.jpg
自家製ベーコンのスライス 700円(1人前。画像は2人前)と生ビールで乾杯。ベーコンは塊から切り出したものを半分は生、半分は炙りで出しています。ほどよい塩気がビールのお供にピッタリです。

kuroneko9.jpg
いけすには生きた帆立貝がゴロンと。青森県から空輸されてきたばかりなんですと。オーダーが入ると、生の帆立を軽く下茹でしてから調理します。トップ画像の帆立貝がプックリしてるのに気づきましたか?冷凍の帆立は縮んで平べったいですよね。茹でたての活き帆立はふっくらしており、食感が瑞々しくジューシーなんです。

kuroneko4.jpg
黒ハート帆立貝のバター焼き(600円)です。焼き加減は店主オススメの「半レア」にしていただきました。半生なので身が柔らかくてジューシー。火を通しすぎないことで中の水分が活きています。ハフハフ、ジュワー。こんな柔らかなホタテは生まれて初めて食べます。帆立は貝類にしては味は淡泊め。むしろ身の食感を楽しむ食材なんだと気付かされました。うんまー。ビールにも合います。9

kuroneko5.jpg
るんるん帆立貝のフライ(2個、800円)。もちろん火の通し加減は「半生」にて。サクサクの衣と中身のホタテのジューシーさのコントラストが楽しい一品。洋食風のソースをかけすぎな気も。ソースの代わりにレモンを搾って塩で食べるのもできるので、オーダー時に頼んでみましょう。ハイボールにも合います。福岡の人は「貝類はよく火が通ってないと」という方が多いそうなので、ウェルダン指定もできます。

kuroneko6.jpg
るんるんサイドメニューで一番人気という、サーモンの味噌漬け焼き(650円)。脂の載ったサーモンを味噌に漬け込んだものです。見た目よりあっさりした味わい。日本酒やご飯を盗んでいきますよ、コイツは^^

kuroneko10.jpg
ワインはグラス500円、ハーフボトル1800円〜。日本酒の銘柄が豊富に置かれています。すず音やモエシャンドンも置いてます。もちろん焼酎も。

kuroneko0m.jpg
帆立料理だけじゃなく、煮込みハンバーグやコロッケといった家庭料理のメニューも出してます。

kuroneko7.jpg
店主と世話話していたら裏メニューで幻の「醤油ラーメン(800円)」を出しているんですと。話のネタに食べてみようっと。チャーシューを煮込む時に使う秘伝のタレをベースにした醤油スープはじんわりと染みる味わい。ほんのり甘口。トッピングにはお手製の肉厚チャーシュー、柔らかメンマ、糸島産の九条葱が載っています。隙がない仕上げ。8

kuroneko8.jpg
麺は北海道で有名なN製麺所のちぢれ麺。食感がよく、スープとよく絡みます。これよきるんるん

すべての材料が揃っている時にしか作れないので、一日限定3杯しか出せないそうです。調理器具の関係上、21時以降のアイドリングタイムにのみ提供しているとのこと。この日はすべての条件を満たしていたので、幸運にものラーメンにありつくことができました。(〆のためのメニューですので、ラーメンのみでの提供はしてないそうです。)


ホタテ料理を含むコース料理は3500円、5000円の二種があるようです。3500円のコースでもボリュームあるそうで、これにお酒を2〜3杯飲んで5000円に収まる寸法。西中洲のオシャレビルの中のお店ということで、値段もデラックスかとおもいき我々庶民が普通に楽しめるお店でした。来店3日前に予約しておけば、空輸されてきたばかりのホタテを使った新鮮なお刺身も楽しめます。とりあえず予約してから出かけたほうがよさそうです。

生帆立を使っているお店は福岡では稀。ホタテ好きな方には穴場の隠れ家になりそうです。

kuroneko16.jpg

■帆立料理と自家製ベーコンの店 家庭料理 黒ねこ
福岡市中央区西中洲3-6 連スクエアビル3F
○TEL:092-724-7088
○営業時間:18:00〜4:00(O.S.03:30)
○定休:第二月曜、日・祝(5名以上で予約いただけば営業しますとのこと)

るんるん

家庭料理 黒ねこ 魚介・海鮮料理 / 中洲川端駅天神南駅西鉄福岡駅(天神)

夜総合点★★★★ 4.0




スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 21:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | 居酒屋・バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかおとな〜だし、ほたて生でうまそ〜だし、お値段リーズナブルー〜ですね。
カウンター席は何席くらいでしたか?
Posted by とし at 2010年10月02日 14:09
■としさん
西中洲のオシャレなビル。
でも中はアットホームというギャップが面白いお店です。
帆立の食感を思い出すだけで焼酎が一杯飲めます♪
正確に覚えてませんが、カウンターは6〜7席ぐらいだったと思います。
Posted by ニシヒロシ at 2010年10月02日 22:27
こんにちは。笹丘三丁目食堂店主(?笑)の友人です☆
初めてコメントさせていただきます。
とてもステキなお店ですね!
お料理もすごく美味しそう♪
こんなお店に連れて行ってくれる人がいたらいいんですけど・・・^^ヾ
またお邪魔させていただきますね♪
Posted by Hitomi at 2010年10月04日 11:34
■Hitomiさん
初コメントありがとうございます♪
コイッチさんのとこを経由して拝見させていただいてます^^

黒ねこの店主はもともとは趣味で料理を愉しんでおられたそうで。
男性が趣味で作る料理はコストを気にせず良い材料を使うからウマいですよネ。
そういう雰囲気を色濃く残したお店です。
ぜひ遊びに行ってみてください。
今後もヨロシクお願いします。
Posted by ニシヒロシ at 2010年10月04日 21:07
こちらのお店はゆっくりくつろげて良いですよ!この前行きましたが大将の話では最近ホタテちゃんが陸奥湾の海水の異常高温で入荷が厳しくなってるようです。ので行かれる方は予約、又は確認して行かれた方が良いみたいですよ!
今日はラーメンを食べたんですが、おいちかった!〆にオススメです!
Posted by ミュウ at 2010年10月24日 02:13
■ミュウさん
はじめまして^^
書き込みありがとうございます。

お家でくつろいでるような雰囲気が魅力ですね。
今年は活きた帆立が貴重になってるそうで。
帆立の入荷に合わせて予約して出かけたほうがいいなと僕も思いました。
(この日も予約して出かけました)
幻のラーメンは密かにツボでした♪
今度はコース料理を狙ってます。
Posted by ニシヒロシ at 2010年10月24日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。