2010年01月27日

くまもと美酒美食 熊本の美味しいグルメと日本酒を味わう! 〜隠・台所 久岡家にて〜


ts-basashi.jpg
黒ハート熊本産の馬刺し

【地図】

■くまもと美酒美食 くまもとの美味しいグルメと日本酒を味わう!
〜くまもとのお酒PR事業〜

熊本のおいしい日本酒と特産品グルメを味わえるキャンペーンが、
福岡市内の人気飲食店14店で開催されます。

キャンペーン期間:2/1〜2/28

ひらめき詳細は2/1以降にキャンペーンサイト:天神サイトをご覧ください。
http://tenjinsite.jp/


今回は天神サイトさんからお誘いを受けて、くまもと美酒美食のブロガー試食会に参加しちゃいました。
和食の名店として知られる久岡家さんにこの機会に訪問できるとは、なんという幸運わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ人気ブログランキングへ


ts-hisa0.jpg
今回の会場は春吉の隠・台所 久岡家さんです。

さっそく料理の紹介、いってみよー♪

ts-karashirenkon.jpg
からし蓮根(※お店での取り扱いはございません)

まずは熊本の名産品を味見。ツーンとくる和からしの風味。レンコンのしゃっきり感。まさにお酒のつまみ。

ts-aosachawan.jpg
あおさ海苔の茶碗蒸し(日替わり)

滋味な和出汁の優しいお味。

ts-hisa1.jpg
馬刺し(レギュラーメニュー)

熊本といえば、馬刺し。僕も大好きでするんるん
久岡家の馬刺しはサシが入ってました。脂がほどほどに載っていますがさっぱりしており、とろけそうな柔らかさ。癖がないので、とても食べやすい。

ts-kouro.jpg
香露 大吟醸 7800円(ボトル)

流通量の少ない銘酒中の銘酒。香露大吟醸を久岡家で飲むことができます。

ts-kouro2.jpg
蔵元は熊本県酒造研究所。明治42年、県内蔵元の出資で設立、技術の伝導、品質の向上を目指す。伝統の手作りにこだわり、製造量は少ないが高品質の酒を醸す。熊本酵母(協会9号)の発祥蔵。

ts-kouro3.jpg
見た目からして美味そう。薄ゴールド色の照り。フローラルで華やかな香り、完熟したリンゴやメロンを思わせるフルーティーな甘さ。芳醇な味わいとは、まさにこのこと。ワイン感覚でスイスイ飲めてしまいます。お酒はやわらぎ水と交互に飲むと胃に優しいです。みんなでグビグビっと香露を飲んで、2本も空けちゃいました。ヨキね黒ハート黒ハート

ts-umasl.jpg
馬のスペアリブ(キャンペーン限定メニュー)1890円

人生で初めて食べる料理です。照り加減は美しく、見た目より脂身はアッサリしています。とても柔らかく煮こまれています。

ts-kouro.jpg
れいざん(山村酒造)と朱盃(千代の園酒造)。熊本で人気の純米酒。ちなみに、れいざん(一升瓶)の実勢価格は2千円程度とお手頃です。

ts-reisan2.jpg
れいざんは、落ち着いた風味で適度な辛口。コクのある純米酒は肉料理との相性もよいです。冷や、ぬる燗で楽しみたい。

ts-kaibasira.jpg
たいらぎ柱の塩焼き(日替わり)

貝と日本酒ってめっちゃ合うね♪

ts-battennasu.jpg
ばってんなすと塩昆布のあえもの(日替わり)

茄子は生なんです。フルーツのようにシャキっとした歯応え。自然の甘味があります。

ts-aosatake.jpg
若たけのことあおさ海苔の煮物(日替わり)

滋味なお出汁と筍のしゃっきり感。アオサは海藻の一種。

ts-onigiri.jpg
九穀米のおにぎり(レギュラーメニュー)

雑穀の香ばしさがたのしい。おにぎりをつまみに日本酒を飲むと意外にも合うんだよね。

ts-tukemono.jpg
お漬け物。

ts-misos.jpg
お豆腐とあおさ海苔(日替わり)。味噌汁を飲むとほっこりするね^^


熊本の特産品は僕の味覚に合うようです。今回の一番の発見は、熊本の日本酒はとてもおいしいということ。協会9号酵母と山田錦を阿蘇の伏流水で仕込んだ日本酒は極上の味わいでした。今年は日本酒、特に吟醸酒にブームの兆しがあります。この機会にキャンペーン参加のお店をまわって、他の熊本の日本酒も試してみたくなりました。


隠・台所 久岡家
福岡市中央区春吉3-13-28
○TEL:092-771-1360
○営業時間:18:00〜24:00(L.O.23:30) 

※今回の日記は試食会の感想日記です。



■熊本の銘酒の詳しい情報は公式サイトにて

熊本酒造組合サイト



■くまもとの日本酒・蔵めぐりバスツアー

主催/熊本県、熊本酒造組合 旅行企画・実施/西日本リビング新聞社

・実施コース
(1)県北コース/2月26日(金)
 訪問蔵元=花の香酒造、千代の園酒造
 昼食=地元食材の家庭料理バイキング
(2)県南コース/3月3日(水)
 訪問蔵元=火の国酒造、亀萬酒造
 昼食=不知火海の新鮮な海の幸の料理
(3)県東コース/3月5日(金)
 訪問蔵元=山村酒造、河津酒造
 昼食=阿蘇産の米、野菜を生かした料理
(4)県央コース/3月7日(日)
 訪問蔵元=通潤酒造、瑞鷹
 昼食=通潤橋を眺めながら、山里ならではのランチ

・参加費 2000円(昼食付き) 
・締め切り 2月6日(土)

詳細・応募はリビング福岡のサイトをご覧ください。



■くまもとの日本酒 川柳コンテスト

主催/熊本県、熊本酒造組合

「くまもとの日本酒」をテーマにした川柳を募集します。
おいしいお米と良質の水でつくられる、熊本ならではの日本酒。
そのおいしさはもちろん、日本酒への愛情や思いが伝わる川柳をお待ちしています。

 最優秀賞 1点=1万円+各蔵元のお酒詰め合わせ
 優秀賞 5点=各蔵元のお酒詰め合わせ
 締切 2010年2月26日(はがきの場合当日消印有効)

詳細・応募はコチラのサイトをご覧ください。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 18:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 居酒屋・バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
実は知人宅にて…香露 大吟醸。箱入り、見つけちゃいましたー!!(T▽T)♪♪
前々からブログの記事を見て、「香露飲みたいな〜でも高いな〜」、なんて思っていたら、まさかこんな近くにあるなんて(笑)
誰かが宅飲みの時に持ってきて置いて行ったとのこと。しかも未開封(^▽^*)♪
お酒に疎い知人のもとに、こんな銘酒が眠っていたとはびっくりでした。
熊本名産品を買ってきて、今度飲む約束を取り付けました♪
Posted by るるる at 2010年02月07日 23:07
■るるるさん
うわ〜、よかったね!!超うらやましいです♪
僕もその飲み会に行きたいくらいです。笑

「香露 大吟醸」は超レアなお酒で、熊本市内ですら滅多に売ってるとこに遭遇しません。
百貨店に入っても速攻で売れちゃうそうで。なんでも年500本程度しか作ってないとか。

心して飲んでください^^雑味がほとんどないピュアなお酒です♪
また飲みたいなと思って、百貨店に行くたび日本酒コーナーを覗いています。
Posted by ニシヒロシ at 2010年02月07日 23:46
年間500本?!めったに手に入らない超レアなお酒なんですね!まさかそこまでとは。
自分たちが飲むのはなんだかもったいない気もしますが…(ーー;)
心して飲んできます♪♪

ニシさんに質問なんですが、香炉・大吟醸の箱に製造日が2008年10月と記してあります。

早めに飲まないと風味など変わりますか?
賞味期限とかあるのでしょうか。あるとしたらいつごろまでですか?
初心者な質問で恐縮ですが、教えてくださーいm(__)m♪
Posted by るるる at 2010年02月08日 00:02
■るるるさん
レアなお酒だからこそ、これからお酒を好きになる人に飲んでもらいたいですね^^

調べてみました。
日本酒の賞味期限はモノによって違いますが、約1年ほどと言われています。
直射日光が当たるような暑い所に置いていたら早く痛みますが、
箱入りで冷暗所に置いてあれば大丈夫なはずです。
(アルコール入りだから簡単に腐ったりはしません。風味が徐々に落ちるようです)
宴会まで冷蔵庫に入れておいてもらったほうがいいかもですね。
暖かくなる前に、早いとこ飲んだほうがいいですよ。
Posted by ニシヒロシ at 2010年02月08日 00:18
わざわざ調べてくださってありがとうございますm(_ _)m♪
大至急、飲もうと思います!

香露は半年ほど前から知人宅で眠っていたらしく、ニシさんのブログの記事がなければ私も気づかずじまいでした。
どうもありがとうございます(*^_^*)

また、素晴らしいお酒に巡り会えたことに、そして一緒に飲むことを快諾してくれた知人に感謝して、美味しくいただこうと思います。

香露を飲むと余計にお酒にハマりそうな予感がします(笑)
Posted by るるる at 2010年02月08日 00:39
■るるるさん
よいタイミングでお酒が見つかって良かったですね^^
きっと香露が飲み時なのを教えてくれたのかも知れませんね。

フルーティーでサラリと飲めるお酒です。
おいしく頂けることを祈ってます♪

Posted by ニシヒロシ at 2010年02月08日 00:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。