2010年01月23日

China Ono(舞鶴):中華そば、塩そば


chinaonor1.jpg
黒ハート中華そば 380円、塩そば 380円、替玉 50円
三号セット(ラーメン+丼のセット)580円

【地図】

このレベルの醤油と塩が380円は驚き。

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ人気ブログランキングへ
↑記事が参考になったら、ポチっと♪応援よろしくお願いします('-'*)

やって来ました、舞鶴。舞鶴といえばONOです。年末にONOグループを5軒ハシゴしたのは記憶に新しいですネ。

chinaonor0.jpg
今日はChina Onoのランチメニューの中華そばを食べに来ました。ランチタイムはばーる小野の店舗を使って営業しています。

chinaonor0s.jpg
China Onoの本来の店舗はアフターデザートを食べる時に。ラーメンを食べたお客さんは地玉子プリンが100円で食べられるサービスがあります♪

chinaonor0t.jpg
いつものばーる小野が昼間はラーメン屋になってます。

chinaonor0m.jpg
メニューを見てびっくり。安すぎでしょ^^

chinaonor2.jpg
三号セット(中華そば+麻婆丼のセット)580円

このセットで580円は驚き。サラダは全てのラーメンに付いてます。

chinaonor3.jpg
いくら安くてもおいしくなかったら意味がありません。ONOの凄いところは、どんなに安くても手を抜いてないところ。丁寧に仕込んだ鶏ガラスープは複雑に出汁がからんでおり、膨らみのある味わい。味が濃すぎることなく、食べやすい醤油ラーメンです。チャーシューも多めに載っていて、うまい。

麺や小野で自家製麺した麺をChina Onoに直送しております。つややかな平ったい麺とスープの絡みは良好。

chinaonor4.jpg
麻婆丼は本格中華のような辛味噌味です。辛さはマイルドですが、強めの味付け。

chinaonor5.jpg
テーブルには冷たいウーロン茶があるとこが地味に嬉しい。

chinaonor6.jpg
別の日に、塩そば(380円)単品を食べに来ました。画像に映ってないけど、サラダ付です。大ぶりで平べったいワンタンが2枚載っています。自家製麺の麺はやっぱりウマし。

chinaonor7.jpg
塩加減はほどよい塩梅。強すぎず、弱すぎず、しっかり塩ラーメンです。海鮮系出汁の旨味はがきいており、重層的。店長さんにこっそりきいたところ高級魚介の××と××で出汁を取っているとのこと。どうりでウマいはずだ。380円のラーメンにそこまでやっちゃうのグッド(上向き矢印)

感想としては、普通に680円で売っていても不思議ではない出来映え。価格設定について気になったので、店長さんに聞いたところ「ほんとギリギリです。」とのこと。小野グループならではの(ランチタイムにも)お客さまに喜んでもらいたい精神でこの価格で出しているのだと思います。
大サービスメニューですので、今のうちに食べておいたほうがいいかも^^

僕も何度か利用しましたが、夜のChina Onoの飲み放題付コースもよかですよ。

■China Ono
福岡市中央区舞鶴1-3-11
○TEL:092-731-3909
○営業時間:ランチ  月〜金 11:15〜14:00
ディナータイム 17:00〜24:00
※380円ラーメンはランチメニュー

8+


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(豚骨以外)・つけめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。