2009年08月12日

【1周年】僕が今、食べたいもの BEST 30♪


IMA.jpg

『B級グルメな日記 in Fukuoka』移転一周年の特別企画。


この1年で食べたものの中から、『今の気分で食べたいもの』を30食ピックアップしました。
毎日外食していると新店に行く機会も多いのですが、逆にまたリピートしたくなるメニューもありますよね。
繰り返し食べたくなる味を念頭に置いてセレクトしてみました。

※完全にニシの好みと気分で選んでますので、順位はあまり参考になりません^^;


30位の選外にも美味しいメニューは数多く存在しています。
【食べログ】ニシヒロシのB級グルメの王子様にまとめ記事がありますので
興味のある方は併せてご覧ください。



★まずは21〜30位までを発表します。


第21位 タケシタベーカリー(那珂):焼きちゃんぽん

みんな大好き、焼きちゃんぽん。看板メニューからまずは食べてみて。


第22位 中華屋台 潤(西新):担々麺

しみじみと・・・うまいねぇ^^


第23位 ごはん亭(南区清水):桜島鶏の鶏天定食

店名どおり、お米がウマい定食屋。
以前は佐賀産コシヒカリ、8月現在は福岡産ヒノヒカリを使用。
おかずは桜島鶏を使った鳥天が最強。ジューシーでボリューミー。


第24位 サラスワティ(春日):インドカレーランチ

ベジタリアンな本格インドカリー。野菜だけでこの味を出しているのに驚き。
それでいて値段も安い。隠れた優良店。


第25位 酒工房・焼肉・居酒屋 豚舞(清川):チヂミ

本場韓国の味そのまんま。鍋もウマいが、チヂミの旨さは特筆もの!


第26位 スパイスロード(高砂):チキンコルマカリー

高田君と語ろう^^


第27位 文化屋カレー店(住吉):玉ねぎフライカレー

辛口カレーと玉ねぎフライの甘さの絶妙な調和。癖になる辛ウマ。


第28位 博多ラーメン膳(天神)

この一年で一番驚いたことは、博多ラーメン膳の天神出店でした。
ベストとは思いませんが、この水準の味でこの値段は嬉しい。
ラーメン=おやつと思っている地元民の一人として頑張ってほしい店。


第29位 因幡うどん(渡辺通):ごぼう天うどん

やっぱり博多のスタンダードうどん。
博多うどんが苦手な人にも因幡うどんは好きっていう人が多い。


第30位 天草大王 喰(美野島):天草大王フルコース

熊本JAイチオシの食材。巨大地鶏の天草大王を手軽に楽しめる。


にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ




★続いて11〜20位の発表です。



第11位 とろ家(美野島):海鮮丼

千円でトロ入り。さすが魚屋の大将。刺身が味わい深い。


第12位 やぐら(博多駅前2丁目):カツ丼

昔から博多でかつ丼と言えば、やぐらのかつ丼と言われておりやした。
博多・甘濃い系のかつ丼の最高峰。濃厚なそば屋の出汁に一口目から魅了される。


第13位 六長屋(春日):博多こってりラーメン

オリジナルな新系統の豚骨スープだが、味のまとまりは一級品。


第14位 ANGELO(大名):チーズフォンデュ

チーズフォンデュは定期的に食べたくなります。
3種のチーズをブレンド。まろやかな旨さ。


第15位 居酒屋 真(天神):鯖の一枚焼き定食

ここで鯖を食べたら、他所で鯖を食べるのがバカバカしくなります^^


第16位 キッチン ルプラ(西新):クリームコロッケ

学生向けの店。バラエティー定食は530円という安さ。福岡の良心。いつまでも続いて欲しい店


第17位 郷家(大橋、春日):辛ねぎラーメン

魚介系が入ったスープでは辛ねぎラーメンが未だに好き。


第18位 大東園(上川端):大東園和牛カレー

最強のビーフが使われたカレー。焼肉定食と同時に食べるのが通っぽい。


第19位 ラーメン 味心(雑餉隈)

ホームラン級のスープに当たった時は素晴らしいの一言。


第20位 博多濃麻呂(名島):ラーメンとチャーハン

ラーメン屋のチャーハンでは博多濃麻呂が一番好き。
一口で博多濃麻呂と分かる個性的な豚骨スープも前向きに評価。






★いよいよ2008/8〜2009/8の期間のベスト10です。

ここからはカウントダウン形式で発表します。


第10位 博多魚がし(長浜):ぶりのあらだき定食

ベタな味だけど、ぶりのあらだき大好きです^^
このボリュームで650円。毎日これだけでも生きていけます。



第9位 海の味 有福(サンセルコ):おまかせコース

昼の海鮮丼は700円〜とお手軽だけど、ウマウマ。



第8位 ちゃんぽん ならここ(春日):ちゃんぽんランチ

麺類で唯一のベスト10入り。
無化調の滋味系ちゃんぽん。鶏ガラと和ダシがベース。
このスープをしみじみと味わえる幸せ。弾力のある麺のウマさは特筆もの。



第7位 カレー屋 辛樹(友丘):特製カレー

カレーの名店、いまだ健在ナリ。
丁寧に作られた欧風カレー。スタンダードとはこういうこと。
福岡でカレー店を一つだけ選ぶなら、ここ。


第6位 まぐろ料理紀文(天神):ねぎとろ丼

まぐろ専門店で食べる本物のネギトロ。
僕の密かな楽しみです。


第5位 インダス(神松寺):カツカレー

初訪問は15年前。当時からカレーの名店と呼ばれておりました。
カツカレーを食べたのですが、その時は正直「普通やん。」と思いました。

それから時は流れ。有名、無名問わず各地の色んなカツカレーを食べ歩きました。
今だから言える。探していたものは足元にあった。
カツカレー(辛さ10倍ver.)の記事はこちら。




第4位 ブラジレイロ(店屋町):オムレツライス

定番、老舗、最古、名物、名店。いろんな冠が付きますが、やはり好きです。
オムレツライスはこれぞ日本の洋食といった繊細な味付け。


第3位 紅蓉軒(春吉):ずわい蟹とレタスのチャーハン

紅蓉軒のチャーハン、酢豚、ちゃんぽん、皿うどんはすっごく好みです。
どの料理も高級店の滋味系の味付けですが、奥行きのある味わい。
ピークタイムを禁煙にしてくれたら、言うことない店です。



第2位 大正亭(赤坂):カツ重

今年から勢いでかつ丼ブログも始めましたが、開始早々あることに気付きました。
福岡で旨いかつ丼を探すのはとっても難しいんです。
なぜか無駄に甘いのがデフォルトで(;´Д`)=3ハアー

そんな時は大正亭の上品な出汁で癒されてます。
カツ重なので出汁が均等にかかっているとこも◎



第1位 めし処 一膳や:チャーハン

B級グルメな日記の一位にふさわしいのはここしかあるまい。

僕のブログをいつも読んでいただいている方には説明不要かな。
去年一番よく食べた料理は、一膳やのチャーハン。
チャーハン作りのセオリーに則っているので、パラパラな仕上がり。

近年値上げしたが、それでもまだお手軽です。
若干味にバラつきが見られはじめたのがちょいと気になるところ。



あっさりとベスト30を選びました。
ジャンル関係なしのごちゃまぜになっているとこがポイントです。
なんだかんだで、お米とお魚が好きってことです^^

夏なのでカレー有利、ラーメン不利のセレクションとなっています。





つづいて審査員特別賞の発表で〜す。
福岡の定番と言える店をこの一年は積極的に再訪して回っています。


★特別枠

元祖長浜屋

あと何杯、ここでラーメンを食べられるか。

勝龍軒の100円ラーメン

特別枠はこの店のためにある。

松風(井尻)

最近のお気に入りのお店です。かつ丼ウマシ!


みなさんのお気に入りは何店入ってましたか。
明日からは、プチ企画としてリピーター編をこそっと開始します。
ひさびさに再訪する気になる店がちょこちょと登場します。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガジェット・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうですね
Posted by あう at 2009年08月13日 19:50
■あうさん
コメントありがとうございます。
この一年でおいしいなと思ったものを列挙してみました。
今後もよろしくお願いします。
Posted by ニシヒロシ at 2009年08月22日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング