2009年01月03日

【企画】B・C級カツ丼を求めて


カツカレーとカツ丼は好物です。美味いと評判のお店はだいたい発掘済み。今回は、有名店以外も見てやろうということでB級以下のC級カツ丼がテーマ。数年前の外食デフレブーム時に出てきた激安丼の生き残りを数店まとめて取り上げます。正月早々、アホな企画でゴメンなさい^^;


【オススメ度】物好きな人向け


donmac1.jpg
春日市昇町の「どんマック 大土居店」。この店に来るのは開店当時に入って以来。当時は290円だったカツ丼が今は330円。値上げされてもいまだに激安と言えよう。

donmac2.jpg
肝心のカツは冷食テイストだが、衣が厚く、不思議とサクサク感がある。肉はプレス加工のものだと思う。ダシのあまりきいていない醤油味のタレで玉子をとじている。お米もそれなり。この辺は原価率を考えると仕方のない部分といえよう。街に出来た社員食堂といった風情がある。しかし値段を考慮に入れると悪くはないデキ。春日にもう一軒あった春日公園店はすぐに閉店となってしまったのは残念。

【地図】

donmac0.jpg






井尻駅隣の「どんぶりこ」。ここはカツ丼が299円と最安である。
buriko1.jpg
丼の内容はどんマックとだいたい似たような感じ。お米はボソボソしており、甘めのタレにダシはあまりきいてない。玉ねぎが生煮えのため、ツンと辛いのは激安丼のお約束か^^;

(あらかじめタレと一緒に玉ねぎを加熱したものを作り置きしておいて、オーダーの時にその玉ねぎを入れて煮こめばもう少し旨いカツ丼を作れるのになぁと思う。コストがかからないわりに、有効な一手間だ。)
buriko2.jpg
カツはミンチを成型したもののようで、トンカツというよりミンチカツに近い雰囲気。値段を考えると相応の代物だと思う。

【地図】

buriko0.jpg




以前ちゃんぽんを紹介した華さん食堂(博多区半道橋)にもカツ丼がある。350円と安い。
hanakatu1.jpg
ここのカツ丼も内容的には、どんマックと似ている。大きめの大衆食堂だけあって、ご飯の質は3店の中では良いと思った。サラダなどのサイドメニューが豊富で安いのも魅力だ。
hanakatu2.jpg

【地図】



やはり原価100円程度で作るとなると、おのずと作れる商品は似通ってきてしまうようだ。実際、お米の味の差くらいのものだ。カツ丼の有名店では、玉ねぎを予め加熱して使っているとこを散見するので、このテクニックを盗んで激安丼を作ると面白くなるかもしれない。外食産業は値上げ続きのご時世。300円丼にはがんばってもらいたいものだ。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

posted by ニシヒロシ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カツ丼・トンカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
広告

 
Copyright(c) NISHI HIROSHI 2004-16 All Rights Reserved.
無断転載を禁ずる。
キャッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。